無料ブログはココログ

本の紹介

« ハフポストに土倉庄三郎の林業哲学 | トップページ | 森の暮らしが幸福? »

2017/11/14

明治神宮御苑の切株

明治神宮で見てきた、もう一つのもの。

 
正確には、明治神宮御苑である。より正確には、御苑の北門から入ってすぐのところである。
 
2
 
切株。これは、コナラかな? ナラ枯れでも発病したのだろうか。
 
これだけだと、何が珍しいと思うかもしれない。(原則、人の手を入れないことを謳っている明治神宮の森だが、ある程度の伐採は繰り返している。御苑はさらに人の手で景観を管理している。)
 
が、この切株の断面をよく見ていただきたい。
 
3
 
年輪そのものは、非常に読みづらいが……1878年の西南戦争を芯(発芽年?)として、1920年の明治神宮創建とか、昭和元年とか西暦2000年とか……。
 
よく数えた(笑)。
 
担当者の遊び心を感じる。願わくば、もう少し項目を増やしてほしい(^^;)\(-_-メ;)。
 
 
せっかくだから、パワースポット・清正井にも。
 
5
 
相変わらず満員。列を作って井戸を見る。水に触れるなとか、なかなかウルサイ。全然癒されん。ブームになる前は、一人静かに眺められたのに。

« ハフポストに土倉庄三郎の林業哲学 | トップページ | 森の暮らしが幸福? »

森林学・モノローグ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/66042120

この記事へのトラックバック一覧です: 明治神宮御苑の切株:

« ハフポストに土倉庄三郎の林業哲学 | トップページ | 森の暮らしが幸福? »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

森と林業と田舎