無料ブログはココログ

本の紹介

« 木工芸記録職人 | トップページ | ハフポストに土倉庄三郎の林業哲学 »

2017/11/12

明治神宮の吉野杉鳥居

「シン・ゴジラ」を異常な緊張感をもって見終わったところだ……(~_~;)。

見どころ、言いたいことはそれこそ山のようにあるが、あえて一点を選ぶなら、最初の迎撃作戦であるタバ作戦だろう。

多摩川河川敷に陸上自衛隊が並び、空には航空自衛隊の武装ヘリ、戦闘攻撃機が舞うなか、ゴジラが武蔵小杉に立つところだ。 

おれ、3日前に武蔵小杉近くのホテルに泊まったんだよね……(^o^)。
ここにホテルを選んだ理由は幾つかあるが、隠れ理由に「シン・ゴジラ」を意識していたことは間違いない(⌒ー⌒)。

おかげで?寝苦しかったよ……。

 

さて、ここで心を清浄化するために紹介したいのが、明治神宮である。これまで幾度か紹介してきたが、明治神宮の鳥居の一つが、吉野杉で作られることになった。

これまで鳥居はヒノキ製で、といってきた神社側がヒノキ大木が手に入らないことから折れて、スギに、それも吉野杉で立てるなったのである。
 
たしか今年には完成したはずだが、私はまだ見ていなかったので、今回の東京行で明治神宮を訪ねた。
 
鳥居と言っても幾つもあるから、どれだか迷ったのだが(一の鳥居と聞いていたが、有名な南参道入り口にはなく、はて、北参道?と思ったが、 どうやら明治神宮では参道から数えるのではなく、本殿前から数えるらしい)、本殿・拝殿前であった。
大鳥居などから比べると、一回り小さいが、無垢・木製の堂々たる鳥居である。
 
2
 
見たら、新しいので一目でわかる。
 
3
 
木肌。筍杢?のような。。。たしかにスギだろう。ただ白い塗料が薄く塗られているかな?
 
ただ気になるのは、足元。
 
Photo
 
黒い染み……黴が生えてきたのか。。。まだ重症ではないが、ヤバくない?
 
 
ともあれ、明治神宮は救われたのである。。。。

« 木工芸記録職人 | トップページ | ハフポストに土倉庄三郎の林業哲学 »

木製品・木造建築」カテゴリの記事

コメント

同じく塗装してない伊勢神宮もカビてますしこんなもんなのかなーと思ってました

あら、伊勢神宮はヒノキでしょうが、カビていましたか。下部には水分が溜まりやすいんだろうか。

殺菌剤は塗布しにくいのかね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/66034647

この記事へのトラックバック一覧です: 明治神宮の吉野杉鳥居:

« 木工芸記録職人 | トップページ | ハフポストに土倉庄三郎の林業哲学 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

森と林業と田舎