無料ブログはココログ

本の紹介

« 冬の雑草 | トップページ | 人口を支える食料と木材の生産力 »

2018/01/11

カーボンニュートラルの罠

年末に、ちょっと驚いたニュース。
2017年9月に、約200人の科学者が「バイオエネルギーはカーボン・ニュートラルではない」という内容の声明をEUに送ったという。
 
カーボン・ニュートラル。地球温暖化を防止するための大きな武器として唱えられたものだ。木材など生物由来物質(バイオマス)を燃やしてエネルギーを取り出した場合、熱量に応じてCO2を排出させるが、それは樹木が成長時に空気中から吸収したものであり、再び燃やした木材と同じだけの樹木が生長する際には同じ分量のCO2を吸収するから、プラスマイナスゼロになる……という理屈だ。
 
わかりやすいのが木質バイオマス発電。木材で発電して、その分化石燃料を燃やす火力発電を減らせば、結果的に化石燃料が排出するはずだったCO2を減少させることができる……というわけだ。
 
それに対して200人もの科学者が反対する声を上げたというのである。
発端は、イギリスの巨大火力発電所をバイオマス発電所に改変したことのようだが、そのために年間約650万トンの木材ペレットが供給されている。それは大西洋を横断してアメリカのノースカロライナ州、ルイジアナ州、ミシシッピ州の森林から運ばれ、さらにルーマニアの森が破壊されていると主張している。
詳しくは、こちらのサイト のものを。
英文だが、翻訳すればだいたいの意味はわかる。
 
いくつかの推定では、EUで伐採されている木材のほぼ半分が、発電と暖房のために焼かれているという。とくに危険な状態なのは、オーストリアからルーマニアまで伸びるカルパティ
ア山脈で、ルーマニアから輸出された木材の大半が不法伐採で、オーストリアとドイツの発電所で燃焼されている……(グリーンピースと環境調査機関)と報告している。
 
正直、わかりきっていたことだ。カーボン・ニュートラルの理屈はあくまで机上のもので、実際は木材の伐採や移動によって排出されるCO2量は馬鹿にならない。それどころか森林破壊が進んで、逆に森林吸収分も失われることになるだろう。
 
ヨーロッパのCO2排出量の削減も、結構やばい部分が多いのではないか。
 
それを科学者が声明を出したことに価値がある。
 
 
私は、それに加えて間伐を推進したら森林をCO2の吸収源にできるという点も嘘だ、と声明を出してほしいところだ。
現在の議定書の理屈では、既存の森林の吸収分は認めず、面積を増やしている森林、適正に管理している森林だけをカウントするとしている。日本はこれを最大限に利用して「適正に管理」の部分を「間伐を施した人工林」と読み替えて、税金をドバドバ注ぎ込んで間伐を進めているが、それがどうして森林のCO2吸収量を増やしたと言えるのかどうにも納得しがたい。
 
間伐したら、残した樹木がより生長する、という理屈は、現実にはほとんど当てはまらないのではないか、と思うのだ。新たに枝葉がどれだけ増えるのか。幹の太る速度が増すのか。
もしかしたら森林土壌に蓄積されていた腐葉土などが微生物による分解が促進されて、その呼吸でCO2を多く排出するようになるかもしれない。
 
 
でも、この二つを外すと、日本の取っている地球温暖化防止策の根幹が崩れるだろうね。

« 冬の雑草 | トップページ | 人口を支える食料と木材の生産力 »

森林学・モノローグ」カテゴリの記事

コメント

生い立ちを考えると、石油、石炭を燃やすのもカーボンニュートラルでしょう。

石炭石油の生い立ちはともかく、カーボンニュートラルを言い訳に木材燃やしていたら、そのうちしっぺ返しが来るぞ、ということです。
 
生命を出した科学者たちも、理論を否定しているのではなく、現在の運用に危機感を抱いているのでしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/66267667

この記事へのトラックバック一覧です: カーボンニュートラルの罠:

« 冬の雑草 | トップページ | 人口を支える食料と木材の生産力 »

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

森と林業と田舎