September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

森と林業と田舎の本

« 施政方針演説 | トップページ | 木材輸出は好調だが »

2018/01/24

女王蜂か蜂蜜か

風邪、風邪を引きずっている。

身体が重い。鼻水がじゅるじゅる。目がしょぼしょぼ。関節がちくちく。熱は出ていないのが救いか。  
布団に潜り込んで本でも読んでおこうと思ったが、横になると余計に目がしょぼついて読みにくい。
 
それ、インフルエンザじゃない? と某氏に言われたのだが、だったらインフルエンサーになれるかも。で、ユーチューブで乃木坂46を聞く……(笑)。この歌は、インフルエンザにかかった人のこと歌っているんじゃなかったのか。。。
 
 
一応、売薬は飲んでいるのだが、精力をつけねば、と通常は遠慮がちのお菓子をバリバリ食べているので、太るかもしれない。
 
で、こんなものも試す。
 
1
 
これ、年末にいただいた四国(愛媛)土産。
 
オオスズメ蜂 女王蜂の蜂蜜漬け」。これは効く気がする(^o^)。
 
ただし、これは何を食するのか。名前が「女王蜂の蜂蜜漬け」なんだから女王蜂が主役なのだろうか。あくまで、蜂を食べろっと?「女王蜂を漬けた蜂蜜」ではないのだね。
となると、スズメバチを取り出してバリバリと食べるべきなのか。
 
3
 
結構大きい。というか、ハリも残っていて、かなりリアル。むしろグロい。
 
しかし、開け口が小さくて、スズメバチは出てこない。パッケージにも、「蜂蜜を2、3滴焼酎に落として飲む」なんてレシピが書かれている。
 
と、とりあえず、数滴をなめる。。。。。濃厚だが、ハチの味はしない(ハチの味ってどんなのか知らんが)。やはりハチミツをお湯に溶いて飲むことにする。
 
スズメバチを食すのは次の機会に回すとして(^^;)、今回はこれで許してください(泣)。。

« 施政方針演説 | トップページ | 木材輸出は好調だが »

森の資源(茶・蜂蜜・山菜など)」カテゴリの記事

コメント

邪気は首の後ろ辺りから入るそうで…

ちなみに雑草ジャーナリストさんだったはず…

草を煎じて病回復願います。 うちの隣、養蜂家なのでバリバリ食べて良いか聞いてきましょうか…(*^.^*) あ!花梨蜂蜜も良いですね。鼻には天然ハッカ油どうでしょ。

この季節、雑草生えていないし……。ミツバチジャーナリストから蜂蜜ジャーナリストに鞍替えします。スズメバチジャーナリストはイヤだなあ。。。

ちなみにハッカ油、鼻に塗ったらしびれました。

田中 淳夫 様
初めまして。
私、北海道で造林用苗木を生産しています、木下といいます。
自分で山林も所有しております。
突然なんですが、田中さんに相談したいことがあって投稿しました。同じ山林仲間の友人が『共有者不確知森林制度』を使用したいらしいのですが、なかなかハードルが高くて思うようにいかないらしく、悩んでいます。その友人が田中さんを探し当てまして、僕が代理(ITが苦手です)で連絡差し上げました。
何か分かれば助言を頂けないでしょうか?
よろしくお願い致します。

『共有者不確知森林制度』ですか。たしか数年前に森林法改正で登場した制度ですね。
私もそんなに詳しくないので応えようがないのですが、もし制度の使い方を知りたいのであれば、林野庁に問い合わせたらよいと思います。無碍にはしないでしょう。でも、主役は道庁かな。せっかくできた制度を活かすことに熱心な現場の役人がいればよいのですが。。。

結局、所有者不明の土地に手を入れることになるので、もし後々に所有者が現れてごねられたら面倒という意識が先に立って、現場の役人としては使いたくないと聞いた記憶があります。
ほとんど機能していないので、改正も考えているようです。また来年度から森林バンクをつくろうとしているのもそのためかもしれません。
お答えになりませんが。

オオスズメバチジャーナリストならカッコイイと思います。最強です。

ちなみに、ハッカ油は直接肌に塗ってはイケマセン。嗅ぐの。

返答ありがとうございました。
既に『共有者不確知森林制度』にエントリーしているんですが、難しすぎてへこたれそうらしいです。
その感想を田中さんに報告したいらしく、再度投稿させて頂きました。もしよろしければ連絡先を教えて頂ければこちらから電話させて頂きたいのですが、いかがですか?

よろしくお願い致します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 女王蜂か蜂蜜か:

« 施政方針演説 | トップページ | 木材輸出は好調だが »

無料ブログはココログ

森と林業と田舎