September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

森と林業と田舎の本

« 春日大社の燈籠 | トップページ | 3月3日は里山の日(^o^) »

2018/02/24

ブリッジするアセビ

これ、アセビの木なのだが、なんかヘンだ。

 
1  2
 
2本並んで生えているが、その足元というか根元をつないでいる幹?がある。
よくよく見れば、どちらも根付いている。つまり、太い根を地中に伸ばしているということだ。
 
これは2本が癒着したのか? 両方から枝を伸ばしてドッキング……。そんな握手みたいなことはできんだろ。
 
そうか、たまたま横に伸ばした枝が地面に触れて、そこが根付いたのか。そして、新たに幹を生長させて2本になったのだろうか。
 
いや、形状からすると、幹が倒れて地面に伏したのかもしれない。地面の接点から根を出し、新たな幹を上に伸ばしたと見ることもできる。一方で倒れた際に枝の一つが上向きになって、それが今度は幹のような顔をしているのか。
 
そもそも、どちらが最初の1本? 
 
何気なく見ているだけで、植物の世界もいろいろな想像を羽ばたかせてくれる。
 

« 春日大社の燈籠 | トップページ | 3月3日は里山の日(^o^) »

森林学・モノローグ」カテゴリの記事

コメント

根っ子がみえてる(゚o゚)/…土は何処へ行った…?

必死にもがいてこんな状態になったのでしょうか…?

植物のたくましさ、しぶとさを感じてくださいv(^0^)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブリッジするアセビ:

« 春日大社の燈籠 | トップページ | 3月3日は里山の日(^o^) »

無料ブログはココログ

森と林業と田舎