無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« 「日本スゴイ、官僚スゴイ」を探す | トップページ | スゴイ官僚「杉浦譲」 »

2018/02/10

木の価値の新潮流?

なんか林政など施策以外の話題を探す(^^;)。

 
で、こんな日経新聞の記事があった。
 
 
出だしは、
国産の木材を使ったオフィスや店舗、駅などが増えている。天然の木の生み出す穏やかな空間に人が集まり、コミュニケーションの活発化などの効果がみられる。耐火性能など技術の進歩で柱など使える範囲も拡大。国産材振興の流れも追い風に、木の空間は住居から公共の場へと広がっている。
 
というように、木の使い方が変わってきたことを示している。そしていくつかの企業の試みを紹介する。オフィスや店舗、JRの駅(秋田駅)などである。
「コミュニケーションが取れる仕組みを」
「週5日過ごす場所。自分の部屋の延長線上のような居心地良いオフィスを目指した」
「客の滞在時間は他の店より長く、リピーターも多い。接客時間も増えるので、客単価は全店の中で一番高い」 
駅にいる人の滞留時間が従来の倍以上になった。人が集う風景が日常になってきた」
このような効果が出たとか。
これらをまとめて、こんな言葉を引き出す。 
「企業の社会的責任(CSR)で間伐材を使った時代は過ぎた」(竹中工務店木造・木質建築推進本部の小林道和副部長)
生産性向上などを勘案すれば価格が高くても導入したいと考える企業が増えているそうだ。
 
この記事のように、木造に「木を使う」だけの価値ではなく、作業効率や収益性・集客力が上がるから使う、となればシメタものだ。仮に単価が高くても意義がある。
 
……本当かなあ。いや、効果がないとは言わない。経験則としてはある。が、数値に現れるものではない。多分に感覚的なものだ。それで単価が高くても採用する価値があることをクライアントが理解してくれるかどうか。
ちなみに上記の例の仕掛け人は内田洋行らしいのだが……。
「天然木には調湿や脳活性化など12の効能がある。感じが良い場所に人は自然と集まる」(門元英憲オフィス商品企画部長)。
国産材を使った置き型家具の17年売上高は16年の2.5倍に増えたそうである。
 
まずは推移を見守ろう。(今回は毒を吐かないよ)。

« 「日本スゴイ、官僚スゴイ」を探す | トップページ | スゴイ官僚「杉浦譲」 »

木製品・木造建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 木の価値の新潮流?:

« 「日本スゴイ、官僚スゴイ」を探す | トップページ | スゴイ官僚「杉浦譲」 »

November 2021
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

森と筆者の関連リンク先