September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

森と林業と田舎の本

« Wedge記事がネット転載 | トップページ | 水呑みナラシカ »

2018/02/16

和歌山産ジンの味

某酒店で見つけたクラフト・ジン。

 
Dsc_0891
 
なんと和歌山のジンであった。「槙~KOZUE~」と名付けられている。
 
製造は、中野BC株式会社冨士白蒸留所とある。調べると、そんなに古い会社ではないが、和歌山県海南市藤白にあって日本酒のほか焼酎、梅酒、それに健康食品などの製造をしているようだ。
 
沿革を見ると、意外や日本酒発祥ではなく、スタートは醤油。そこから甲類焼酎へと広げ、梅酒など果実酒に向かい、日本酒へ……。そして今度はクラフトジンである。
 
肝心のジンは、2017年11月に発売。なんだ、最近であった。特徴としては、ボタニカルに和歌山県ならではの?槙、コウヤマキを使っているらしい。もちろんジンだからジュニパーも使うが、マキの方が多いよ。さらにミカン皮やレモン皮、山椒などを加えている。
 
コウヤマキか。お墓の供花を思い出すかな(笑)。
 
 
以前、ヒノキの香りを使っているジン「季の美」(京都蒸留所) を紹介したが、今度はコウヤマキ。こうなると、各地方で日本の樹種シリーズを作ってほしいね(^o^)。
 
で、味だが、ストレートで飲んでみた。なんと表現すべきかな。わりとさっぱり。癖は弱い。少し奄美を感じる。どの香りがコウヤマキなのか判然としなかったが、飲みやすい。ただし度数は……47度であった(°o °;)。

« Wedge記事がネット転載 | トップページ | 水呑みナラシカ »

森の資源(茶・蜂蜜・山菜など)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 和歌山産ジンの味:

« Wedge記事がネット転載 | トップページ | 水呑みナラシカ »

無料ブログはココログ

森と林業と田舎