無料ブログはココログ

本の紹介

« 「夢の汽車」は木材車 | トップページ | 北海道にも林業大学校? »

2018/03/04

西粟倉村で森林信託

岡山県の西粟倉村が、三井住友信託銀行と「森林信託」事業に乗り出すようだ。
 
プランをまとめるのは3月末ということだが、仕組みとしては地権者および村から森林の所有権を同行に移転し、間伐や木材販売などは民間事業者に委託して、森林を運用する。
 
所有権を移転ということは、山主でなくなるのかと思いきや、地権者側は受益権を持ち、木材などの販売利益の一部を配当の形で受け取れる仕組みとか。
所有権が移れば固定資産税や森林保険料などは山主が負担しないで済む。代替わりで相続する場合も所有権より受益権の方が手続きが簡単だから山主も助かるし、委託側も相続に影響されずに安定的な森林整備を計画できて、森林の外部流出懸念なども減ると見込んでいる。
信託期間は10年以上を予定。期間終了後、希望すれば所有権は返還される。同行はここで事業モデルを作り、全国展開する狙いがあるという。
 
もっとも、現在は調査段階。「信託」の活用による森林管理と民間事業体による収益事業の可能性を探っているわけだ。
はたして山主は所有権の移転に素直にウンというのか。銀行側はこれで利益が見込めるのか。利益を上げるために皆伐したんじゃ話にならないし、森林経営のプランニングは誰がするのか……といった疑問はあるものの、これも森林所有権と利用権(管理権)の分離だろう。
国が森林経営管理法案などを持ち出しているが、自治体や民間でも、現在の制度を利用すればできることなのである。
 
 
森林を信託方式で利用権を分ける考え方は、私も古くから唱えていた記憶がある。それで調べてみると、本ブログには  
 
 という記事を書いていた。2012年2月である。ここでも、岐阜県御嵩町のケースを紹介している。さらに吉野林業だって山主と山守が所有権と利用権を分離しているのだから、森林信託と言えるんじゃないの?とある。
 
……今回のブログで書こうとしていたことを6年前にすでに書いていたわけで、もう書くことがない(泣)。ま、信託銀行が関わるのは国内初なのかもしれない。
 
 
ただ森林の管理は、所有権と利用管理権、さらに受益権を分離して行った方がよいという考え方は、世間のコンセンサスを得たのかもしれない。 
問題は方法だろう。いかなるスキームで分離するのか。経営主体をどこに置くのか。プランニングの主体、作業の主体はどこになるのか。分離して既存の森林組合に委託しました……では何の変化もない。
そもそも人材はどこにいる。森林組合でも市町村や都道府県、そして国でも、人材をいかに養成するのか、生み出した人材をいかに配置するのか……。
 
新しい仕組みづくりを競争する時代かもしれない。

« 「夢の汽車」は木材車 | トップページ | 北海道にも林業大学校? »

政策・行政関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/66461083

この記事へのトラックバック一覧です: 西粟倉村で森林信託:

« 「夢の汽車」は木材車 | トップページ | 北海道にも林業大学校? »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

森と林業と田舎