September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

森と林業と田舎の本

« シイタケの胞子 | トップページ | アベマキ材の価値の作り方 »

2018/03/23

ピーバー・シンポジウム

近畿中国森林管理局で「里山広葉樹活用シンポジウム」が開かれたので、顔を出してきた。

 
ようするに、里山の森に増えてきた雑木の広葉樹をもっと使おう、そのためには何が必要で何が問題か……というテーマで、国有林から森林組合、製材所に研究部門(森林総研)まで加えたずいぶん出演者の多いシンポジウムであった。
 
Dsc_0962
 
私は、今更林野庁にスギやヒノキを論じて欲しくもないし、広葉樹資源の問題は今後の大きな課題と睨んでいるから、情報収集のつもりである。
会場は、かなり満員。ちょっと演壇のある前方が空きすぎて後ろがぎっしりという感じである。ざっと見回して、参加者は公務員系や業者系かなあ……と思って席に着いた。
 
そこで語られた内容は改めてするとして、広葉樹材と聞いて食いつく面々がそこここにいるではないか。
 
なんと私の後ろにはビーバー製材所にビーバー高校生(笑)。
 
彼らにしゃべらせた方が面白くなるぞ、と思わせるメンツである。こうした集まりでは、森を、木材をどれほど愛しているかパッションを語る方が面白くなるのだよ。
 
機械的に広葉樹資源がどこにどれほどあって、加工の難しさはどうで、消費者の指向はどうで、その安定供給のためには……というよりも、オレは何十種類の広葉樹材を知っていて、それぞれの特徴も使い道も言えるぞ、あの木でスプーンを削り出してみたいんだ……というビーバー人が強い。いっそビーバー・シンポジウムを開こうよ。
 
Beaver
 
私も、針葉樹材を広葉樹材に変換する方法を論じてみたかった(笑)。
 
 

« シイタケの胞子 | トップページ | アベマキ材の価値の作り方 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ピーバー・シンポジウム:

« シイタケの胞子 | トップページ | アベマキ材の価値の作り方 »

無料ブログはココログ

森と林業と田舎