September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

森と林業と田舎の本

« Rの法則が……! | トップページ | 氷期の花の木が奈良にあった »

2018/04/27

ネット・SNSに関するコメント覚書

なんと、昨日ブログに書いた「Rの法則が……」が、BLOGOS に転載された(@_@)。

 
いいのか、こんな戯れ言を、一応?ネットメディアに掲載して。あくまで自身のブログだから書いたのに。
まあ、許可したの私だから文句言えないけど(笑)。
 
私もネットにアップされた記事はSNSにシェアしているので、依頼あるもの拒まず、どんどん載せてくれ! と観念している。そこで、今夜は一応整理する意味でも私自身の各メディアに対するスタンスを説明しておこう。
 
 
まず依頼原稿として執筆したもの。Yahoo!ニュース個人はもちろん、WEBRONZAもそうだこし、そのほか単発で依頼のあるネット向きの記事。
これは、まさに記事として執筆したものであり、編集・校正・校閲も通して書き上げたものなので、アップした時点でどのような反応があっても構いません。というか、私が改めて反応しません。
 
それに反して、ブログは私が好きで書いているもの。タイトル通り「思いつき」である。少々勢いで書くものもあるし、砕けた文章のものもあるし、十分に検証しない。無料なんだから、そんなに手間をかけない。ただし、推測は推測、事実は事実とわかるようにしているので、ちゃんと確認してほしい。
この点は、プロフィール欄にスタンスを記している。そのまま引用しよう。

ブログとは、書く瞬間の瞬発力で記すものだと考えています。意見も、その場の思いです。意見は時間とともに変わることもあります。だから、日時がたってからブログ記事を読んで、どうこう言わないでください。

書かれた情報や意見も、確実な裏を取ったり、熟考していません。そのつもりでお読みください。だから責任も負いません。その点は、仕事で執筆する雑誌や書籍の記事とは明確に一線を引いています。

なお、コメントやトラックバックを寄せるのは結構ですが、マナーをわきまえないものは、削除することもあります。アクセス禁止にすることもあります。内容よりもマナーを重視します。
このブログ内では、私が絶対者です(^o^)。

ブログのコメント欄も上記のとおり。異論・反論は歓迎する。ただしマナーを重視する。私を褒めていても文章が下品だったり他人を揶揄・罵倒(ヘイト)なものは、削除する。もちろん反論で悪態ついたものはアクセスも禁止する。
以前はコメント欄で私も反論したり、たしなめる場合もあったが、下品なヘイトを書く輩にそれは時間の無駄とわかったので速攻で削除することにした。
 
そしてブログ記事をSNS(ツイッターとフェイスブック)でシェアしたものも同様だ。反論OK。マナーが重要。
フェイスブックはとくに強化している。もともと仲間うちのつながりであるフェイスブック上でヘイトを垂れ流しするものは速攻でブロックする。
ちなみに会ったこともないのに、挨拶なしで友達申請されても応えられません。ちゃんと意思疎通して身分も明かした上で申請してくださいませ。
 
ツイッターも同じだが、こちらの返信やリツイートで悪態吐かれても、すぐにタイムラインの彼方に行ってしまうので無視して終わることも多い。それでもしつこく絡んで来る輩もいるんだね。そんなに相手してほしいのか、と思うのだが、速攻ブロックする(笑)。
 
で、難しいのはBLOGOS。Yahoo!ニュースと並ぶネットメディアなんだが、今回のようにブログの転載も多い。しかもコメント欄が充実している(^^;)。まあ、反論が多いのだが。
いいよ、いいよ。何を書かれても黙っている(無視する)よ。メディアの執筆者の宿命だと思っておく。基本、読まないし(笑)。
 
 
あと、インスタグラムも始めたけど、こちらは連動させておりませぬ。撮影したけど使い道のないような写真を投稿して楽しんでおります。
 
 
全体を総括すると、反論OK・マナー重視。これに尽きる。
それにしてもYahoo!ニュースの記事に対する意見を、Yahoo!の記事のコメント欄に書かずにわざわざフェイスブックまで探し出して、「友達」でもないのに書きこむ(たいてい反論&ヘイト)酔狂な輩がいる。同じくブログでも、なぜブログのコメント欄に書かずにフェイスブックに書くのよ。
誰でも読めるところには書く勇気がない?何かおびえているの?フェイスブックなら自分の反論を、いざとなったら自分で修正したり消せるから?
そんなせこい思いなら、コメント書かなくていいよ。

« Rの法則が……! | トップページ | 氷期の花の木が奈良にあった »

取材・執筆・講演」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ネット・SNSに関するコメント覚書:

« Rの法則が……! | トップページ | 氷期の花の木が奈良にあった »

無料ブログはココログ

森と林業と田舎