September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

森と林業と田舎の本

« 山菜採りのモラル | トップページ | 「2020年の日本の森林……」を今読み解く »

2018/04/23

イノシシとの先陣争い

昨日、タケノコが採れないと記したばかりだが、今日再びチャレンジした。前回訪れてから数日しか経っていないが……。

 
なんと、ありましたよ! わがタナカ山林にタケノコが出ているではないか。
前回訪れた時はイノシシに荒らされてまったく見かけなかったのに、今日は2本が頭を出していた。さっそく掘る。タケノコを見るとアドレナリンが出るらしく、写真を撮ることを忘れてしまった(^o^)。
 
184_1
 
さらに林内を調べると、少し伸びすぎも含めてまた2本。また写真を撮るのを忘れて夢中で掘ってしまった\(^o^)/。
 
そして撤退前に再びチェックしてまた2本発見。またしても写真は忘れて掘ってしまった。。。だからタケノコが顔を覗かせている写真はない。
 
堀り終わると、ようやく冷静になる。数年前までは1日で30本ぐらい掘る日もあったのだが、昨年いきなたゼロになった。不成りの年回りもあるが、イノシシに目をつけられたのだ。この山林にはタケノコが出る、と気付いたらしく、3月頃から徹底的に荒らされた。
 
そして今年も早くからイノシシが掘った穴だらけで、望みは薄かった。事実、これまで数回訪れて探したが、全部イノシシに先を越されていた。
だが、今回はイノシシが一服中に当たったようだ(笑)。数日前に堀りまくって、しばらく出ないとイノシシも近づかなかったのだろう。その間にゲットしたというわけか。
 
まさにイノシシと先陣争いである。
 
 
ちなみにタナカ山林には、タラノメも採れる。採れるのだが、今年はほとんど採らなかった。
なぜなら……。
 
184_6
 
高く伸びすぎたから(~_~;)。ま、ほかにも何本かタラはあるのだが、ちょうどよい芽の時期を逃したりしたものだから、諦めた。ま、もう少し数が増えるのを待つかな。
 
こちらは、イノシシは狙わないが、ハイカーを要注意だな。。。
 

« 山菜採りのモラル | トップページ | 「2020年の日本の森林……」を今読み解く »

生駒山中」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イノシシとの先陣争い:

« 山菜採りのモラル | トップページ | 「2020年の日本の森林……」を今読み解く »

無料ブログはココログ

森と林業と田舎