無料ブログはココログ

本の紹介

« 緑マントの内側から | トップページ | 木工品の異端?は先端か »

2018/05/19

林野庁の野望、もとい目標♪

知ってる? 林野庁が今後の目標を定めたんだって。

 
今の国会で森林経営管理法案や森林環境税などを通すでしょ。だから来年度から新スキームの林政が始まるわけよ。で、目標を立てたの。どこかのジャーナリストに「林野庁はビジョンがない」なんて言われないように?(笑)
 
 
少し数字を並べてみようか。
 
全国の私有人工林約670万ヘクタールのうち、10年後に全体の5割、20年後は7割を集積してちゃんと管理する!という大計画。残り3割は、もともと生産性が低いところだから市町村の直接管理にするとか。
 
そして林道や作業道の延長距離は10年後に24万キロメートル、20年後が32万キロメートルにする。現在(統計は2015年度)が約15万キロメートルだったから2倍以上に伸ばすわけ。 
 
それでどうなるか? なんと国産材の生産量が、1500万立方メートルから10年後に2800万立方メートル、20年後に2・3倍の3400万立方メートルに。
林業の付加価値生産額は、2500億円から10年後が5000億円、20年後はを2・5倍の6200億円に拡大!
 
ちなみに、こうして生産した木材の使い道も考えている。高層ビルの木造率を、10年後は25%!(今は、ほぼ0%だけど)にするんだ。低層非住宅建築も、木造率を現在の10%から10年後に60%までアップだよ。これらには当然、イチオシ建材のCLT(直交集成板)がたっぷり使われるわけだ。でも、価格が普通の建材の2倍以上だけど、きっと売れるよね。
あ、木造住宅も、現在は外材が中心だけど、これを国産材に置き換えるって。
 
 
すごいなあ。。。人口が減る中で、これだけの目標を達成しようというのだから、林野庁はなんて凄腕なんだ。
今の2・3倍に木材生産を増やすんだから、山ではバンバン皆伐するだろうな。仕事が増えて、林業は活性化するだろうね。そしたら山村の経済も潤うよね。林業の成長産業化は間違いないよね。バンザイだよね。。。
 

« 緑マントの内側から | トップページ | 木工品の異端?は先端か »

政策・行政関係」カテゴリの記事

コメント

林野庁…ス・スゴイ!!
計画的!
カイバツくん後の自然災害対策もきっと万全なんでしょうね!
ナゼ竹が蔓延るのか、分からないがわかる気が…

こんばんは。流石、沖長官率いる林野庁軍団ですね。我々が補助金を使い林業機械を導入する計画を立てる時、必ず県に言われる事は費用対効果の件。約600億の環境譲与税を使い続けるのですから、必ず右肩上がりの壮大?な計画を作らないと財務省も会計検査院も国民も納得しないでしょう。

日本の人口は減っている。だから経済成長も難しい。
一般論としては知っていても、自分が関わる目の前の政策は変えられないのです(笑)。ひたすら右肩上がりになることを願っているだけ。

ここ3年程で、人口の減少(特に若者)を実感しています。屋外での肉体労働系の仕事は人が集まりません!よって、経済成長はありえない。自給自足で細やかに食い繋いで時代がしばらく続くでしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/66737959

この記事へのトラックバック一覧です: 林野庁の野望、もとい目標♪:

« 緑マントの内側から | トップページ | 木工品の異端?は先端か »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

森と林業と田舎