無料ブログはココログ

本の紹介

« 奈良林業の新聞記事3本 | トップページ | 新千歳空港の周辺にて »

2018/06/06

『戦前の大金持ち』に土倉庄三郎

小学館新書から出版された、『戦前の大金持ち』。ここに土倉庄三郎が取り上げられている。

 
Photo (780円)
 
どんな本かと言えば、帯文にあるとおり。明治・大正・昭和(戦前。一人だけ戦後)の大金持ちを取り上げている。せっかくだから、目次を紹介。
 
Photo_2Photo_3
 
4番目が土倉翁だ。ちなみに、土倉以外はほとんど有名なのではないだろうか。名前程度は私でも知っている人ばかりだ。
ただ私は、土倉の章以外は、斜め読みしかしていない(~_~;)ので、本全体の評論はできない。あくまで土倉の章の紹介ということで。
 
 
まず編者となっているのが、出口治明氏。昨年までライフネット生命の創業者~会長だったが、退任して今年から立命館アジア太平洋大学の学長……という経歴の人物だ。たまにテレビでも見かける。
 
本の構成は若干ややこしくて、まず人物の評伝がある。こちらはノンフィクションライターの稲泉連氏と、山川徹氏が執筆。それを受けて「解説」を出口氏が書いている。「解説」というより自分なりの視点の人物論ということになるだろうか。
 
土倉庄三郎の章の「評伝」は、山川氏の執筆で、中に私が語り部として登場する(^o^)。
 
ちなみに出口氏の視点としては、当時の情報の拡散や移動時間は長く、東京の一極集中はあまり進んでいなかった。山村も相対化されていた……と見ている。文献から引用している文言に私の知らない・違う言葉が出てくるのは謎だが、「全国の山を愛する人とつながり、山に対する愛情を持つ人を育てていけば、山は将来にわたって生き続けていく。」と結んでいる。
その点からすれば、今は山に愛情を持つ人が少なくなったんだなあ……と思ってしまう。
 
 
ともあれ、土倉庄三郎の名を世間に広める一助になれば幸いである。Kindle版もあり。多分、私の本より売れるだろうな。。。
 
せっかくだから、サイドバーにAmazonへのリンクを張っておく。

« 奈良林業の新聞記事3本 | トップページ | 新千歳空港の周辺にて »

書評・反響」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/66801970

この記事へのトラックバック一覧です: 『戦前の大金持ち』に土倉庄三郎:

« 奈良林業の新聞記事3本 | トップページ | 新千歳空港の周辺にて »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

森と林業と田舎