無料ブログはココログ

本の紹介

« 新千歳空港の周辺にて | トップページ | 『モリのいる場所』の庭 »

2018/06/08

シカ避け出入り口2態

北海道行の途中、苫小牧に寄ってきた。

 
まず北海道には前日入りした方が安心だと考えたのだが、札幌で一泊というのは芸がない気がした。帯広まで行ってしまうのもイマイチ。どこか途中で寄るところはないかと考え、小樽も浮かんだが帯広方面とは方向が反対。そこで苫小牧(~_~;)。
 
苫小牧で何を見るの? と考えた結果、北大の研究林に足を伸ばした。
 
苫小牧研究林は、『森はよみがえる~都市林創造の試み』(石城謙吉著・講談社現代新書)を読んでいたので、興味があったのだ。ボロボロ状態の(~_~;)大学演習林を再生した話である。都市林というには、あんまり都市はなかったけど。
 
さて、苫小牧駅前はなんだか寂れていて、研究林への交通機関もないのでタクシーで向かう。
 
ところが、その日は小雨。。。森の入り口に着いたものの、私以外に人影はないわなあ。そして森林記念館、資料館も閉館中。一般公開は月イチらしい。アカンがな。
 
024
 
見たかった観測塔。しかし立入禁止で近寄れませんでした。。。しかも、本当に見たかった樹冠観測用のクレーンやジャングルジムはどこにあるのかわからない。どうも立入禁止地区のよう。
 
よっぽど研究所の事務所に顔を出して声をかけようかと思ったものの、しょぼくれた気分で元気が出なかった。。。だいたい、なんと声をかけたらいいんだ? いきなり押しかけて見学させろ、と? 
 
025
 
結局は、散策で終わってしまった。
 
 
その中で、こんなものを。
 
033
 
花木園にシカが入らないようにした出入り口。なるほど狭くてV字に曲がっているから、シカは身体を触れてしまうので警戒して入らないわけね。まあ、人間にも狭いけど。。。
 
これで思い出したのは、奈良の大台ヶ原の散策道。
 
Photo
 
出入り口部分にこれを設置すると、足が挟まりそうで警戒するみたい。
 
獣害避けの防護柵はいろいろあるが、集落など地域全体を柵で囲むには問題がある。何より人の出入りとの兼ね合いだろう。人間はすぐ扉を閉めるのを忘れるのだ。それに道路や川は完全に封鎖できない。
 
そのための仕掛けはいろいろ考案されているが、完全なものはまだないはずだ。
 
封鎖できない出入り口をいかに防護するか……。獣害対策の肝かもしれない。
 

« 新千歳空港の周辺にて | トップページ | 『モリのいる場所』の庭 »

ナラシカ・動物・獣害」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/66807217

この記事へのトラックバック一覧です: シカ避け出入り口2態:

« 新千歳空港の周辺にて | トップページ | 『モリのいる場所』の庭 »

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

森と林業と田舎