September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

森と林業と田舎の本

« 図書館で『鹿と日本人』 | トップページ | 暑い日に厚い資料…… »

2018/07/16

水産認証MSCとMEL

気がついたら、今日は休日で、土曜日から3連休だったらしい。あまりに暑い日が続くので気付かなかった……。(関係ない)

 
この時期、スーパーマーケットの水産物売り場を覗くと、否が応にも目立つのが「土用の日」のウナギの蒲焼だ。
 
絶滅危惧種に指定されたり、シラスウナギの漁獲が激減したり、ということが話題になってもやっぱりウナギを売るのね……と少々呆れ気味に眺めていたが、そんな売り場で目についたのが「MSC」認証。
 
ようするに海洋管理協議会(MSC)の水産物の環境認証だ。ところが、それだけでなくMEL(マリン・エコラベル・ジャパン)というのもあることを知った。こちらは、大日本水産会が2007年に立ち上げたのだそうだ。すでに10年以上も経っているわけだが、まったく知らなかった。
 
MSCだって影は薄いが、イオンでは比較的よく扱っているので目につく。しかしMELは……。
 
ここで両者の違いを説明する元気はないが、簡単に言えば、国際基準のMSCに比べて、国産のMELは基準がゆるゆるで、審査の透明性も欠ける代物らしい。そして、審査費用が安いのが売り物。
なぜか国際基準を嫌がって日本独自の制度をつくりたがるのだが、嫌がる理由が透けて見える。
 
 
まるで、FSC(森林管理協議会)とSGEC(緑の循環認証会議)の関係に似ているなあ(^o^)。
 
森林認証をなぞるがごとく、水産認証もできていたのだ。
ただSGECは、PEFCに合流したから国際基準になったし、基準も多少は厳しくなったようだけど。
 
 
私は、,FSCを取得しているスギ、ヒノキの価格を一定程度高く買い上げるビジネスを考えているのだけど、安定供給できる山はどこにあるだろうか。

« 図書館で『鹿と日本人』 | トップページ | 暑い日に厚い資料…… »

政策・行政関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水産認証MSCとMEL:

« 図書館で『鹿と日本人』 | トップページ | 暑い日に厚い資料…… »

無料ブログはココログ

森と林業と田舎