September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

森と林業と田舎の本

« 奈良の書店の棚の並べ方~『鹿と日本人』 | トップページ | デ・ジャヴ~防災と森林 »

2018/07/06

避難指示とオウムと風邪ダウン

昨日から、やっちまった感があった。

 
どうも風邪を引いたらしいのだ。鼻水が出る。クシャミが出る。
 
そこで早く寝た。というのも、翌朝(つまり今朝)は胃カメラを飲む予定があって……これは単なる胃ガン検診なのだが。。。鼻水出ていたら、胃カメラが鼻の穴から入らない。喉も痛かったら、通しにくいだろう。咳き込んだりクシャミをしたら……。・°°・(>_<)・°°・。。
 
が、2階の寝床に入ってから、幾度も起こされた。大雨警報はすでに出ていたので、枕元にスマホを置いておいたのだ。するとエリアメールの警報が何度も鳴り響く。あれ、かなりの音量である。その度に、確認しなければならない。
最初は隣町のものだったのだが、避難準備から避難勧告、そして避難指示へと変わっていく。そして、とうとうわが町まで。。。
 
ありゃ、わが町に避難指示? しかし、午前3時ごろだよ? どこへ避難しろというのか。
 
それに雨は降っているが、こちらは高台なので川があふれる心配もない。避難施設になっている公民館などの方がよっぽど低地である。
土砂崩れも、ちょっとありえない。というのは、もっとも近い山裾(自宅から30メートルくらい)の山は低くて、高さは5メートルくらいか。その向こうは谷になっている。つまり崩れても土石量はしれていて、我が家まで届かない。
もっとも危険なのは深層崩壊だが、これだけは手の打ちようがない。まあ、岩盤は硬いと信じよう。
 
というわけで、寝不足で朝を迎えたら、完璧に風邪でした。鼻水も喉も詰まっている。身体もだるい。
これでは胃カメラ通らんわ。。。それに雨が強いから医院に行くのも厳しい。車で行けば、注射料金が馬鹿高いし。
 
というわけで、キャンセル。
 
ほとんど1日ゴロゴロしておりました。仕事もほぼ手つかず。家を出たのはドラッグストラに薬を買いに行った時だけ。
 
こんな大雨のときに風邪でダウンし、そこにオウム真理教の7人が死刑執行のニュース……。私、そのうちの一人の早川紀代秀氏とは面識あったんだよなあ。。。と過去の思い出が脳裏を駆ける。彼は緑地計画の専門家だったのだ……。が、朦朧としてあまり考えられない。その話は別の所へ書いたので、,気になる人はリンク先へ。
 
 
また、これから寝床に入ります。久々に読書タイムをたっぷり取れそう。

« 奈良の書店の棚の並べ方~『鹿と日本人』 | トップページ | デ・ジャヴ~防災と森林 »

森林学・モノローグ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 避難指示とオウムと風邪ダウン:

« 奈良の書店の棚の並べ方~『鹿と日本人』 | トップページ | デ・ジャヴ~防災と森林 »

無料ブログはココログ

森と林業と田舎