September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

森と林業と田舎の本

« データより1枚の写真 | トップページ | Yahoo!ニュース「ネコの「可愛さ」はずるい…」書いた裏事情 »

2018/08/27

木と住まいの大博覧会、のミドコロ

週末は、京都で開かれた「木と住まいの大博覧会」に顔を出してきた。

 
これは建材メーカーのナイス株式会社の主催するイベントだが、タイトルからして木造関係者が集う場みたいではないか。
 
が、入るなり、耐震診断のコーナーに続き、戦隊モノのステージがあり、展示はパナソニックなりYKKなり、TOTOなりLIXILなり……木造エクステリアが展示してあると思って覗くと人工木材で、「木質は少し混ぜているの?」と聞くと、「ゼロです」と返事が返って来たり……。
 
とはいえ、奥に進むと京都北山丸太のコーナーに滋賀県、和歌山県、京都府などの木製品に、奈良・森庄の銘木コーナー。そして昨年のウッドデザイン展の受賞作品展示、さらに奥には京都大学と京都府立大学の研究発表会……。
 
そこここで、知り合いに会ってしまうのであった。とくに京都府立大学のメンバーは、その日の午前中にメール交換していたんだよ(^o^)。ま、世の中狭い。
 
そこで、急遽、ウッドデザイン展のコーナーに拙著『鹿と日本人』のカードを並べてもらう\(^o^)/。
 
Photo
 
わかるかな。作品は、吉野の川上村のstudio Jigの吉野杉の家具。その前に、ちょこんと置かれているカードに注目(⌒ー⌒)。
 
そのほか、森林認証材の展示コーナーもあった。
 
011
 
FSCとSGECのものばかりだが、もう少し詳しい内容を展示してほしかったね。全国の一覧ぐらいあればよかったのだけど。
 
 
が、何といっても目を引いたのは、これでしょう。
 
016
 
鳥海山の麓で掘り出された古代杉の土埋木である。説明によると、縄文時代の火山噴火で埋もれたらしいが、樹齢約1500年、胸高直径で約3,5メートルの代物だ。材積360石もあるが、それを衝立に加工した……というのだが、よく中が空洞にならなかった。
 
残念ながら、いかなる商品展示も、こうした本物にはかなわないなあ。
 
 

« データより1枚の写真 | トップページ | Yahoo!ニュース「ネコの「可愛さ」はずるい…」書いた裏事情 »

森林学・モノローグ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 木と住まいの大博覧会、のミドコロ:

« データより1枚の写真 | トップページ | Yahoo!ニュース「ネコの「可愛さ」はずるい…」書いた裏事情 »

無料ブログはココログ

森と林業と田舎