September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

森と林業と田舎の本

« 「全国削ろう会」で見たもの | トップページ | Yahoo!ニュース「……樟脳が復活の兆し!」を書いた理由 »

2018/11/11

削ろう会の削る木

せっかく全国削ろう会に行っておきながら削る写真を紹介しないのはどうか、という声に応えて(そんな声があるのかどうか知らんが)、少し紹介しよう。

 
Dsc_0101
 
この人は、カナダ人でした。大会に参加するために来たんだって。こんな外国人が結構いるのよ。。。。
 
Dsc_0090
 
こちらは長崎工業高校の先生。学生を連れてきたのだが、女生徒の方が多い。家具づくりも行うインテリア科は、女子が3分の2を占めるとか。
 
で、肝心の削る木なのだが、予選では自分で持ち込んだヒノキ材を使うことになっている。
そして、長崎工高が使っているのは貰い物だというのだが……どうも木曽檜のよう!
 
Dsc_0097
 
どうだろう、この木目の細かさは。(濡れタオルを置いているのは、水分を含ませて削りやすくするため。)
 
ちなみに本選は今日だった。優勝はどこの人が何ミクロンの記録を出したか。まだ報告が見つからない(泣)。。。

« 「全国削ろう会」で見たもの | トップページ | Yahoo!ニュース「……樟脳が復活の兆し!」を書いた理由 »

木製品・木造建築」カテゴリの記事

コメント

「削ろう会」見に行かれましたか。
ずっと昔御殿場で開催された時は、木曽桧の角を支度する役を仰せ付けられ苦労しました。
その時初めて大会の公式記録で4ミクロンの壁を破ったと喜ばれました。
目の揃った俗に鑿切れの良い木と言えば、針葉樹ですが、油性分がある程度ないと、鉋が滑りません。
鉋・砥石・水と腕が揃って技、今となっては良い思い出です。

おや、以前にも木曽檜で削ろう会をしていましたか。なんと贅沢な(笑)。
ちなみに、今回は予選の段階で3ミクロンが出ました。優勝は、0,1ミクロン単位の争いになるとのことでした。ネットで探しているんですが、まだ結果がアップされていませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 削ろう会の削る木:

« 「全国削ろう会」で見たもの | トップページ | Yahoo!ニュース「……樟脳が復活の兆し!」を書いた理由 »

無料ブログはココログ

森と林業と田舎