無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« 「静大育ち」 | トップページ | Yahoo!ニュース「男のロマンは女のフマン…」を書いた裏の理由 »

2018/12/08

奈良、最強!フォレスター・ギャザリング

本日、奈良でフォレスター・ギャザリングが開かれた。

 
会場は、橿原市今井町の今井まちなみ交流ンター「華甍」。知る人ゾ知る、戦国~江戸の環濠都市の街並みを残す今井町のシンボル的木造建築だ。おかげで、外を大型車が走ると、ビリビリと窓ガラスが揺れるのだが……。
 
フォレスター・ギャザリングとは、森林総合監理士を含めた、自称フォレスターの集まり。今年で4回目になるが、私も過去何回か参加&取材に訪れている。その際は、このブログにもアップしているはずだ。
 
 
今回は地元奈良で開かれるので、静岡帰りでちと忙しい中、駆けつけた。懇親会は抜き。
 
20181208_125917  
 
以前は、参加したフォレスターがお互い語り合うのを目的としていた。ところが今回は,ちょっと趣向を凝らしたのか、シンポジウム形式。5人の話題提供的発表とパネルディスカッション。そしてライトニング・トークという一人5分以内の短い意見発表が11人。そのほか、森林管理局や奈良県庁からも出席していた。
 
私としては、森林監理業務に就いている人が語り合いの中で出る愚痴を聞くのが目的(^o^)というか、林業現場で起きていることに対する本音を探るつもりだった。それをネタに記事を書こう……。だが、今回は各地で行われている新しい試みというか、挑戦事例の披露の意味合いが強くなったようだ。 
 
 
そこで感じたのが、奈良の林業、最強じゃん! ということ(笑)。
 
そもそも5人の発表のうち3人が吉野の山守や山主だった。いずれも11代目です、うちは14代目、うちはまだ7代目で……なんて言葉が出るのだ。そこで生まれた500年の育成林業の伝統が育んだ技術と管理システム、そして商品開発や社会との関わり。その一方で、現在の苦境の中で行われている新たな挑戦事例。山守制度こそ、元祖フォレスターであると示す。
また今回の主催者でもある、奈良県森林総合監理士会は、日本で初のフォレスター組織化だった。進取の気性を示しているとも言えよう。
 
ほかの地方の発表と比べても、いかに奈良、とくに吉野が有利な立場にあるかと感じさせられた。いくら林業が不振と言っても、培った技術集団・山守はまだ健在だし、大山主の存在が山守を支えている。所有権などの集約化もすでにできているうえ、長期的な視野と体力を残す。何よりずば抜けた優良資源を抱えているのだ。
 
加えて発表者が、みんな漫談風で笑いを取りたがるのは、関西圏の宿命か。(笑いといえば大阪と思われがちだが、関西圏でその影響が強いのは意外と奈良なのである。) これもコミュニケーション能力の高さを示している! と言えなくもない。。。
 
実際、参加者も奈良林業人の取り組みには、結構関心を強めていた印象がある。奈良に続け、となるかどうか。 
 
Dsc00384
 
 
さて、その後の懇親会で参加者がどのような交流をしたのかわからないが、私としては愚痴を聞き出してネタを得るという目的は外してしまったような気がする。
ともあれ、私も次の挑戦を考えている。来年に出版する本の執筆だ。早く進めなくてはならない、という意を強くした。
 
もうタイトルは決めている。「絶望の林業」である。
 

« 「静大育ち」 | トップページ | Yahoo!ニュース「男のロマンは女のフマン…」を書いた裏の理由 »

林業・林産業」カテゴリの記事

コメント

取材ありがとうございました。朝日と奈良新聞にも投げたのですが帰宅れませんでした(汗)
本当にいい感じのテンポで貴重なギャザリングを進めることができてよかったです。そうなんです。私が一番尊敬する奈良のフォレスター二人に来ていただけたのは大きな収穫だと思っています。お願いしてよかったです。
「切望の林業」すっごく楽しみです!斬ってください!

私は、奈良自慢になってしまわないかと思いましたよ。

絶望の林業を「切望」している?(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奈良、最強!フォレスター・ギャザリング:

« 「静大育ち」 | トップページ | Yahoo!ニュース「男のロマンは女のフマン…」を書いた裏の理由 »

December 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

森と林業と田舎