無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« 学生からの質問 | トップページ | イオンの森の3年後 »

2018/12/25

Yahoo!ニュース「カフェが田舎を救う?」を書いた裏事情

Yahoo!ニュースに「カフェが田舎を救う?その集客力は地域づくりの力となる 」を執筆しました。

 
これは、先月の智頭町訪問時から考えていたネタだが、そのときは400年生の慶長杉の記事を書いてしまったし、しばらく間を空けようと放置していた。
それが年末も押し迫って、しかもさる事情から早く記事にしてしまおう、と決心してクリスマスの日に書き上げたのでした(^o^)。さる事情とは? そりゃ、さる事情だって!
 
かつて多数行った田舎暮らしの取材を通して田舎におけるカフェ人気に気づいていた。カフェと言っても、必ずしも喫茶店とは限らずレストランやバー、ときには何がしかの商品製造元でありながらイートインを設けているケースも多い。ともかく人の気配が少ない田舎なのに、そこには人だかりができているのだ。
 
そして、それらを経営するのは移住者が多くて、彼らはカフェを通して地元とも上手くつきあっているように見えた。人が集えば、なにかしら生み出す場になるのだろう。
 
もちろん、カフェを開けば成功するわけではなくて、人気を呼べるカフェをつくれる才能がある人が、であるけどね。一部の移住者の多い田舎では、カフェが乱立しすぎているきらいもある。それぞれがそれぞれの人脈で客を外から引っ張ってくるのならよいのだが、観光客などの奪い合いになった困ったもんである(^^;)。
 
ちなみに生駒山にも、カフェが乱立気味。うまく棲み分けたらいいけどねえ。

« 学生からの質問 | トップページ | イオンの森の3年後 »

取材・執筆・講演」カテゴリの記事

コメント

人の流れが商売の明暗を分けるのは都市部でも同じだと思います。地方を元気にするにはこういった店の存在が大きいのではないでしょうか。
行政(地方公共団体)はしばしば公平性を求められますが、こういった一つの企業を優遇することが、地域の大きな発展につながるのであれば、それもあり?
いや、生き残るためにはそうすべきではないでしょうか。

行政は、こうしたスモールビジネスに目を向けませんが、本当の地域づくりには、地道に稼いで人も集める事業が大切だと思います。

行政はあくまで広報に協力する程度で、補助金をばらまいてカフェを誘致しようとか考えないことです(´_`)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Yahoo!ニュース「カフェが田舎を救う?」を書いた裏事情:

« 学生からの質問 | トップページ | イオンの森の3年後 »

June 2019
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

森と林業と田舎