September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

森と林業と田舎の本

« 『山漁村生活史辞典』の価格! | トップページ | 『新・冒険論』と私の探検?論 »

2019/01/20

森林の仕事ガイダンス2019

予告通り、森林の仕事ガイダンスin大阪に行ってきましたよ。

 
まず目立ったのは、トークショー。
 
Dsc00614昼の部は、黒滝村森林組合(奈良県)の梶谷哲也さんと、司会の葛城奈海さん。 
 
この二人のトークショーはもう何度目なのか。葛城さんも梶谷さんも、まだ(林業界では)新人の頃から幾度もガイダンスだけでなく、林業系のイベントには出演してきたはず。なんか、慣れを感じる(笑)。幼なじみの対談じゃないんだから、と思わず突っ込みたくなった( ̄∇ ̄) 。梶谷さんの話し方も上手くなって、ちゃんと落としどころを掴んでいるわ。
 
Dsc00616
 
 
さて各ブースをいくつか回ったのだが、その一つが福島県であった。もともと私が顔を出すのは、相談者がいなくて暇そうな オイオイブースを選んでいるのだが、福島県はかなり暇だったよう。
思わず「よく大阪まで出展しましたね」と声をかけてしまった。
 
実際、西日本からすると東北は遠いし、とくに福島は東北なのか北関東なのか区別がついていない人が多いヾ(- -;)。そのうえ林業のイメージが薄い。また原発事故の問題もあって、林業、大丈夫なの? と思っている人も多いはず。
 
実際、東京に出している延長で「福島もありますよ」という宣伝のつもりで来ています」とのことであった(笑)。なお放射性物質の問題も、当然残留値の高いところで林業はやっていないし、もう8年経ってほぼ地表に落ちて土壌に吸着されているし、樹皮に残っていたとしても皮は剥くので影響はなくなっている。
 
私も、求人から離れて林業全般の四方山話。会津の雪はすごいとか、磐城高箸の話題も出ましたv(^0^)。
 
Dsc00621
 
 
ほかのブースでも同じかな。みんな四方山話してきました。それなりに得るものもあり。それらは今後、機会を設けて公表することもあるだろう。 

« 『山漁村生活史辞典』の価格! | トップページ | 『新・冒険論』と私の探検?論 »

政策・行政関係」カテゴリの記事

コメント

ご来場ありがとうございました。バタバタでゆっくりお話し出来ず申し訳ございませんでした。

ご苦労さまでした。あのことも、そのことも聞きたかったんですが(^o^)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 森林の仕事ガイダンス2019:

« 『山漁村生活史辞典』の価格! | トップページ | 『新・冒険論』と私の探検?論 »

無料ブログはココログ

森と林業と田舎