無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« 苔が覆う森の傷口 | トップページ | 古代の筏と箸 »

2019/01/12

樹穴の正体は

生駒山を歩いて目についたスギの木。

 
1
 
うむむ。
 
2
 
中は、わりと深くて広がっているようにも見える。
 
これの正体はなんだろう?
 
キツツキか? こんなに縦に列をつくって5つも開けるだろうか。
しかも位置的には、地表から1,5メートルぐらいで、巣穴としては不適切だろう。
 
まさか人ではあるまいな。 
誰か、この分野に詳しい人はいないだろうか。
 

« 苔が覆う森の傷口 | トップページ | 古代の筏と箸 »

生駒山中」カテゴリの記事

コメント

全くの専門外なのでなんとも言えないですが、キツツキのような気がしますね。以前見たものと似ているように思います。
幹の枯れた部分を選んで穴を開けているようですし。

フェイスブックから来ました。詳しくは直接見ないと分かりませが、穴が10mm以下ならオオゾウムシかと。それ以上なら、そのオオゾウムシの幼虫を狙ったキツツキと思われます。

ありがとうございます。一見キツツキぽいのですが、こんな5つも並んで穴を開けるか?という疑問がありました。
穴の直径は10ミリを超えたように記憶しています。虫を狙って穴を開けたと考えると、なんとなくありそうです(^^;)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 樹穴の正体は:

« 苔が覆う森の傷口 | トップページ | 古代の筏と箸 »

June 2019
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

森と林業と田舎