無料ブログはココログ

本の紹介

« 樹穴の正体は | トップページ | Yahoo!ニュース「花粉症対策の嘘。……」を書いた裏事情 »

2019/01/13

古代の筏と箸

先に、平城宮跡記念公園(平城いざない館)の展示されていた木材から、古代の筏流し について紹介した。

 
その際にエツリ穴について記したが、どうもわかりやすい資料がなかったのだが……。
 
発見しましたよ。なんだ、同じ公園の中でも文化庁の施設(いざない館は国交省の施設)である平城宮跡資料館に。
 
Dsc00592
 
こんな図があったのだ。筏をよく見てほしい。箸を縄で結んでいるが、エツリ穴を通している。
気になるのは、舟の方だが、積んでいるのは板だろうか。陸上から引っ張っているところが面白い。
この手の絵にどれほど時代考証をしているのかわからないが、奈良文化財研究所がバックについているのだから、そんなに酷い間違いはないと思う。
 
 
さて、展示でもう一つ気づいたこと。
 
Dsc00593
 
当時の食器の土器(須恵器、土師器)の展示なんだが、なんと箸まで添えられている。
この時代、すでに箸があったのか。見たところ、木の丸箸ぽい。いま、正確には丸くなくて削った痕もあって角張っているとも見える。また1枚の匙や杓文字のようなカトラリーもある。
 
日本の箸の起源は、少なくても飛鳥時代まで遡る。写真の箸は、レプリカとは記されていないから、発掘されたものだろう。(土器類もみんな本物)
 
見たところ、割り箸みたい(^^;)。
うむ。割り箸評論家としての血が久しぶりに騒いだのであった。
 

« 樹穴の正体は | トップページ | Yahoo!ニュース「花粉症対策の嘘。……」を書いた裏事情 »

木製品・木造建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/67588335

この記事へのトラックバック一覧です: 古代の筏と箸:

« 樹穴の正体は | トップページ | Yahoo!ニュース「花粉症対策の嘘。……」を書いた裏事情 »

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

森と林業と田舎