September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

森と林業と田舎の本

« 磨丸太用の「だるま絞り」 | トップページ | 吉野は桐の産地だった »

2019/02/08

「みどりの大和」にケボニー木材試験結果

奈良県に「みどりの大和」という冊子が発行されている。年に何回発行なのか、どんな対象向きなのか、全然わからないのだが……。

 
ともあれ次の号にケボニー化スギ が取り上げられるようだ。 
これまでケボニー化木材については幾度か書いてきたし、また一般紙などにも紹介されてきた。ノルウェーで実用化されたケボニー化処理技術を日本のスギにためした場合の実証試験の結果である。ただ、その場合の研究は京都府立大学であった。
 
だが、実はケボニー化木材の試験は奈良県森林技術センターもやっているのだよ(^_^) 。
正確には、物性などを調べるのが京都府大で、腐食性などを調べるのが奈良県森林技術センターと、役割分担している。
これまで陰が薄かった? 
 
Photo
 
結果としては、極めて優秀な数値が出ている。
ともあれ、こうして成果を表に出すことは大切なこと。
 

« 磨丸太用の「だるま絞り」 | トップページ | 吉野は桐の産地だった »

木製品・木造建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「みどりの大和」にケボニー木材試験結果:

« 磨丸太用の「だるま絞り」 | トップページ | 吉野は桐の産地だった »

無料ブログはココログ

森と林業と田舎