September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

森と林業と田舎の本

« 盗伐問題その後と対策 | トップページ | 林内薪ストーブから囲炉裏計画 »

2019/02/22

WEBRONZAで「林業界の人手不足と外国人…」を書いた裏事情

WEBRONZAに「林業界の人手不足と外国人労働者問題 」を執筆しました。

Photo
 
Yahoo!ニュースでも林業界で外国人労働者を受け入れる動き について少し書いたが、こちらは視点を反対にしたものである。
 
 
そう、現在の人手不足に伴う外国人の受け入れ推進は、一昔前の林業界とよく似ているのだ。言い換えると林業界は、この問題の先進業界ということになる。 
 
1990年代にこの問題に取り組んだ林業界は、「緑の雇用事業」を始め、それは過疎に苦しむ田舎社会ともタッグを組んで進められた。
そして、新田舎人と呼ばれる移住者の数は年々増え、そのうち山村に住んだ多くが林業職に就いている。その点からすると、林業界の“移民政策”は成功したのだ。
 
ということを、WEBRONZAに書いた。前半は、ね。そこまでは無料で読める(⌒ー⌒)。
珍しく日本の林業界を褒めていると思わないか? 
 
後半は有料だが、さて、それですんなり筆先を収めると思うかね?
 
 
ところで、先に紹介した日刊ゲンダイの連載 だが、これもネットに転載されるらしい。数日遅れで無料で読める! 
 
これでも連載だから、今後の展開と話題のバランスを考えているから、単発で読むより常連さん向きである(……もっとも、毎週連載はきついことを、いまさらながら気づく。締め切りはすぐに来るし、常にアイデアを探さないといけないのだった。。。)。
 
 
 

« 盗伐問題その後と対策 | トップページ | 林内薪ストーブから囲炉裏計画 »

取材・執筆・講演」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: WEBRONZAで「林業界の人手不足と外国人…」を書いた裏事情:

« 盗伐問題その後と対策 | トップページ | 林内薪ストーブから囲炉裏計画 »

無料ブログはココログ

森と林業と田舎