無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« 林業の「働き方改革」 | トップページ | 驚異!奈良の森ホテル »

2019/04/09

2019年タケノコ争奪戦

暖冬かと思えば寒い春になったり……今年のタケノコの出はどんなものか、タナカ山林に見に行った。

実は、昨秋の台風で林内は荒れている。ナラ枯れも含めて、枝や梢が折れたり、幹ごとへし折れた木が多くあり、見るも無残。が、おかげで侵入者は減ったから、タケノコ泥棒はあまり出ないと見込んでいるのだが……。

194-3

194-1

やられておりました……。しっかり掘られている。これはイノシシだろうか。その割には破片が落ちていないが(イノシシは皮など食べ残しを散らかすことが多い)。掘り方も、イノシシの鼻面ては掘りにくい地下茎の下を掘っている。とすると、人だろうか。。。

今年もタケノコは取れないかなあ。。。と思って昨年の4月欄をチェックしたら、イノシシに荒らされたことに嘆きながら、しっかりタケノコを彫っているではないか(笑)。

これからしばらくはタケノコ争奪戦である。

« 林業の「働き方改革」 | トップページ | 驚異!奈良の森ホテル »

生駒山中」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 林業の「働き方改革」 | トップページ | 驚異!奈良の森ホテル »

July 2019
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

森と林業と田舎