無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« 森林環境譲与税は都会でいかに使われるか | トップページ | Yahoo!ニュース「林業振興の金が都市にばらまかれる不可解」を書いた裏事情 »

2019/04/24

山仕事にアシストは可能か

以前、紹介した山登りをアシストする着るロボットこと、パワードウェア。

アトムかアトウンか

同じ会社アトウンが、すでに実用化しているモデルYは荷物を持ち上げと中腰姿勢をアシストするロボットだが、これが九州電力の山仕事用に採用されたそうだ。

険しい山間部の送電線建設工事にもパワードウェア ~九電グループが「ATOUN MODEL Y」を試験導入~

Image002

林業とは違うが、山で地面から重いものを持ち上げたり、中腰姿勢を保つのに使われるという。私も試してみたのだが、たしかに背筋を使って重いものを持ち上げる際にアシストがかかる。ただ、私自身はより効果を感じたのは中腰のまま楽にいていられることだ。まるで椅子に座っているように重心を落とせる。これはいい。椅子がいらない(笑)。

実際、重いワイヤーなどの器材を持ち上げ運んだり、植林時などは中腰姿勢になりやすいから、重宝できるような気がする。あるいは製材工場とか木工現場でもよいかもしれない。
使い道はアイデア次第であるように思う。誰か挑戦しません?

« 森林環境譲与税は都会でいかに使われるか | トップページ | Yahoo!ニュース「林業振興の金が都市にばらまかれる不可解」を書いた裏事情 »

林業・林産業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 森林環境譲与税は都会でいかに使われるか | トップページ | Yahoo!ニュース「林業振興の金が都市にばらまかれる不可解」を書いた裏事情 »

June 2019
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

森と林業と田舎