無料ブログはココログ

本の紹介

« 樹木のカスケード利用は世界的潮流? | トップページ | 春日大社国宝殿の「シカ顔」 »

2019/04/03

Yahoo!ニュース「縄文人はくしゃみをしたか?……」を書いた理由

Yahoo!ニュースに「縄文人はくしゃみをしたか? 当時の花粉量は現代と一緒だった」を書きました。

 

まず最初に触れておくと、最初のタイトルでは「……当時の花粉量は現在と一緒だった」となっていて、後で「現代」と直した。しかしツイッターなどでは直っていない所もある。

次に、最後の方の、花粉症でくしゃみをする縄文人は少なかったろうと推測する点は、ほとんど仮説である。紹介した寄生虫にしろ地面の吸着にしろ。縄文人き平均年齢は研究結果だが。
仮説を積み重ねて書いたのだから、ま、あまり真面目に捉えないでほしい(^^;)。こーゆーのは、楽しみながら読んでほしい。マジになられると困るのだよ。

そのうえで、縄文時代もいっぱいスギ花粉が飛んでいたことをいかに捉えるか。当時もスギが天然でたくさん生えていたんだなあ、と感じるか、あるいは花粉症の発現理由を自然の生態系にみるか、人体の仕組みと考えるか。花粉は人間の免疫機構のアレルゲンによく似ているらしい。

 

なお、毎年春に花粉症に関する記事を1本書くようにしているのだが、今回は2本目である。

花粉症対策の嘘。間伐すればするほど花粉飛散量は増え補助金で潤うカラクリ

1本目は社会派だった(笑)から,、2本目は戯れ言。このバランス感覚は芝らしい(自画自賛)。

 

« 樹木のカスケード利用は世界的潮流? | トップページ | 春日大社国宝殿の「シカ顔」 »

取材・執筆・講演」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 樹木のカスケード利用は世界的潮流? | トップページ | 春日大社国宝殿の「シカ顔」 »

May 2019
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

森と林業と田舎