無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« 森林吸収源から感じた材積計算の疑問 | トップページ | パーム油発電の真実 »

2019/05/14

森の中で見つかる謎の球体

昨日は、マジな林業ネタを書いたので、頭を使いすぎた(^^;)。

そこで楽しいロマンネタを。

2_16

この石はなんだと思う? 実は十津川村の某所で祀られていたもの。昔から、その集落の各所で、球体の石がゴロゴロと出てくるのだそうだ。丸いと言っても河原の石ではない。神秘的なただならぬ雰囲気が漂っているではないか。実際、その集落では見つかったら、祠や神棚などに祀られることが多いそうだ。

ただし、今ではその集落が限界化したため、盗みに入られるようになった(この石を盗む不埒な者がいるらしい)ので持ち出して今は奈良の某所で保管されている。

私は、何かの結晶化ではないか、酸化鉄か何かが年輪のように石を発達させたのではないか、と睨んでいた。

それが意外なことで解決した。

なんとテレビのバラエティで取り上げていたのである。。。。

なんでも世界中で発見されていて、なかには直径二メートルを超すものもあるとか。ここで説明するのは悔しいので控えるが、中心部に有機物があるらしい。私の予想は半分当たって半分外れていたかな。

ともあれ、森の資源として活用方法を考えてもよいなあ。もはや森の資源を木材とするのは時代遅れではないか、と感じている。

もっとも、山にこうしたものが見つかったら、神様の落とし物だと思って拝みましょう。

« 森林吸収源から感じた材積計算の疑問 | トップページ | パーム油発電の真実 »

森の資源(茶・蜂蜜・山菜など)」カテゴリの記事

コメント

化石が中に入っているノジュールですね。地層によっては、林道の法面で見つかることがあり、採取しに来る方がいます。

あっさり答を書いてしまいましたね(^^;)。
まったく希少なものではありませんが、珍しくはあるので何か利用法はないかと思うのですが。土産物か?やっぱり御神体として売り出すかヾ(- -;)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 森林吸収源から感じた材積計算の疑問 | トップページ | パーム油発電の真実 »

June 2019
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

森と林業と田舎