September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

森と林業と田舎の本

« Yahoo!ニュースに「世界遺産になろうとする古墳……」を執筆した裏事情 | トップページ | 国有林の再造林は「大丈夫」か? »

2019/05/30

鬼瓦に描かれた林業

吉野林業の中心地・川上村大滝の松本さんより写真が送られてきた。これって……!

1_17

2_18

大滝集落の某家の鬼瓦だそうだが、ちょっと妙な情景を描いている。

最初は、何かノコギリで伐っている?棒でつついてる? とか思ったのだが、よくよく見れば手にしているのは櫂、足元の円筒が並んでいるのは丸太を組んだ筏だろう。そして波うっているのは川面。ブツブツ穴が空いている部分は、何も瓦が割れたのではなく、岩を表現しているようだ。

つまり、吉野材の筏流し! 在りし日の吉野林業、最後のクライマックスではないか。

すげえ。これって量産品とは思えないから、特注したのだろう。戦前~戦後の景気のよい時期の林家にとって、誇りだったのか。

そもそも大滝には筏場という地名もあって、かつてはここで筏を組んでいた時期もあったらしい。そうでなくても上流から下ってくる筏の中継地点。急流を下るのは腕自慢の仕事だ。それを写した絵はがきもある。

Photo_18

もはや林業遺産もの。川上村に林業資料館が復活した際は、ぜひとも陳列してほしい。

もしかしたら、ほかにも大木の伐採シーンとか木馬とか修羅のシーンの鬼瓦もないかな(^^;)。

« Yahoo!ニュースに「世界遺産になろうとする古墳……」を執筆した裏事情 | トップページ | 国有林の再造林は「大丈夫」か? »

林業・林産業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Yahoo!ニュースに「世界遺産になろうとする古墳……」を執筆した裏事情 | トップページ | 国有林の再造林は「大丈夫」か? »

無料ブログはココログ

森と林業と田舎