September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

森と林業と田舎の本

« 熊野の森に木馬の記憶 | トップページ | 青島の鎮守の杜 »

2019/05/23

宮崎県庁前の花咲かニャンコ

宮崎市の町をぶらついていると目立つのが街路樹。大通りに面した道は、なんだか歩道がやけに広い。そして大木の街路樹が並ぶ。

その多くがクスノキなのだが、私は最近クスノキを見ると、「これから樟脳取れないかな…」と思ってしまう。。。
街路樹の木材は隠れた資源だよ。材も採れるし、そこから樟脳のような有効な化学物質も採取できる。

ところが、ある通りで驚かされた。

Dsc01983

宮崎県庁沿いの街路樹。何か、違和感が…と思って見上げてみると。

花が咲いているではないか。いや、クスノキの花ではなく、着生植物の花が。

もともとクスノキに着生植物が多いことは気づいていたのだが、それが何かとはあまり深く考えていなかった。しかし、花、それに大輪の花がわんさか咲くとは。

Dsc01987 

かなり大きく鈴なりで、匂いも発している。色もとりどり。これはなんだろうか。蘭の一種とは思うのだが。園芸品種のデンドロビウムのようでもある。人為的にくっつけたにしては場所が結構高い位置なのだが、自然に着生するのだろうか。どちらにしても、こんなに大きな花を咲かせたとしたら価値があるなあ。

なぜかこの一角だけが花盛り。花咲かニャンコがいるんだろうか。。。町中花をピポパポパ。。。

 

« 熊野の森に木馬の記憶 | トップページ | 青島の鎮守の杜 »

森林学・モノローグ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 熊野の森に木馬の記憶 | トップページ | 青島の鎮守の杜 »

無料ブログはココログ

森と林業と田舎