無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« 「改正国有林野管理経営法」の目的は何か | トップページ | イオンのトレーサビリティ・ウナギ »

2019/06/07

蔓の巻きついた?欄干

裏山の遊歩道にかかる小さな橋。

その欄干に妙な模様を見つけた。

2019301-4_1

なんと。藤の蔓でも巻きついたか。こんなに欄干に食い込むなんて。蔓はその後枯れて落ちたが、木の欄干には跡が残ったのか……。

……と思ってよく見たら、この欄干、というか橋そのものがコンクリート製だった。。。

つまり、いかにも蔓が巻きついたように溝が刻んであるのは、最初から模様としてつくったのか?
なんともオタクぽい施工をしたもんだ。まあ、一瞬騙されたし、この皺のおかげか苔がよく生えて雰囲気いいから悪くない造りだと思うが。

« 「改正国有林野管理経営法」の目的は何か | トップページ | イオンのトレーサビリティ・ウナギ »

生駒山中」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「改正国有林野管理経営法」の目的は何か | トップページ | イオンのトレーサビリティ・ウナギ »

July 2019
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

森と林業と田舎