無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« 宮崎県の盗伐現場3 | トップページ | 奈良にもあった! ジビエソーセージ »

2019/06/21

アジサイと草刈り秘策

これまでタナカ山林の状態を折々に紹介してきたが、今はこんな感じ。

そもそも5年ほど前に皆伐をして、その後の植生遷移を見つめつつ、どの木を伸ばすか、どの木・どの草を刈り取るかと思案してきた。そしてアジサイの移植を続けている。これは数年前から移植を続けてきたものだが、ソコソコ大きくなって花もよく咲くようになってきた。雑木林にアジサイが咲くというのはちょっぴり不思議だが、悪くない。このままアジサイの森になったら有料花園にする構想\(^o^)/。

196-7

実は、2週間前に草刈りをした。道沿いの部分はあえて残して内部を刈り取っておいたのだが、今やその痕跡がない(-_-;)。草ぼうぼう。

先に「除草剤のどこが悪い」をエントリーしたら、それなりに反響があったわけだが、たしかに草刈りはきつい。ただ楽しい面もあって、趣味の草刈りというのはありではないかと思っている。せっせと草を手鎌で刈っていると、気分がハイになる。これが林業となると、毎日夏の間はずっと草刈りになりかねないので悲鳴が上がるわけだが……。

 

ちなみに私は下草刈りの軽減方法の取材も数多くしている。

一つは、盗伐で叩いている最中の宮崎県(^^;)。ここでは林内放牧で草刈りをウシにさせる研究が行われていた。もともと宮崎県は焼畑や林内放牧が最近まで行われていて、今も技術としては残されているのだ。ほかにも隠岐や山口(長門市)など、各地の放牧を取材して回っている。

3_20190621160501

1_20190621160501 4_20190621160501

結論としては、林内放牧は面白い(^o^)。そして下刈り効果も十分にある。なぜか雑草を食べても杉苗は食べないのだ。おそらく柔らかい雑草の方が美味しいのだろう。杉苗に巻きついた蔓植物をきれいに剥がして食べるのだ。舌刈りという言葉もあった。
実際、きれいになった林床を見ている。電気柵で囲えば逃げない。ただシステムが難しい。ウシを飼育するノウハウと、餌場移動、そしてウシの出荷までがセットだから。

さらにツリーシェルターによる下刈り軽減実験も取材していて、こちらもかなりの効果。ツリーシェルターをしておけば、下刈り回数は半分以下かそれ以下に落とせる。ツリーシェルターは設置に手間と金がかかるわけだが、獣害対策と下刈り軽減を組み合わせれば、十分にペイするのではないかと思えた。

12_20190621213701

 

ま、こうした研究成果はなかなか現場に還元されて実行されることは少なく、除草剤を撒くのがもっとも楽なのね。それに、補助金がないとやらんのだろうけど。

私もアジサイ園にするために、タナカ山林にヤギを放そうかなあ、と思わないでもないのだが。ヤギはアジサイも食べちゃうかもしれん。

 

 

« 宮崎県の盗伐現場3 | トップページ | 奈良にもあった! ジビエソーセージ »

林業・林産業」カテゴリの記事

コメント

山羊が折角植えた紫陽花を食べるとのご心配ですが、紫陽花の葉には毒性があるので、山羊は多分食べないでしょう。


そういや、近くにヤギとヒツジを飼っているところがあるんですが、そこにもアジサイは生えていました(^^;)。あれは食べられていませんね。回りに食べられる草がいっぱいですから。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 宮崎県の盗伐現場3 | トップページ | 奈良にもあった! ジビエソーセージ »

July 2019
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

森と林業と田舎