無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« 樹皮アート ? | トップページ | 睡蓮 »

2019/06/15

土倉山の売買証書

昨日、古文書の写しをいただいた。ちょっと興奮。

内容は、山林の売買書である。

1_19

2_21

 

お分かりだろうか。山林を売ったのは、土倉庄三郎だ。日付が明治四拾参年六月弐拾八日になっている。

この年代ということは、土倉家が事実上の破産をして財産処分を始めた頃。ただ山林跡地とあるから、立木を伐採してからの売却だろうか。その後の立木一代かぎりの売り渡しのように読める。買い主は伏せておくが、今も所有している。

詳しく内容をチェックする余裕はないのだが、具体的な山林売買証書を目にすると、なかなか生々しい。署名は直筆かどうかもわからないが、私がこれまで見てきた庄三郎の筆跡と似ている気がする。

最近、結構貴重な土倉庄三郎関連の資料が次々と手に入ってきた。何かの因縁だろうか。これは何とかしないといけません。

来年は土倉庄三郎生誕180周年だ。(1840年生まれ)
それを記念する何かイベントを考えたいと思っているのだが、こうした文書も活かせたらと思っている。

 

« 樹皮アート ? | トップページ | 睡蓮 »

土倉庄三郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 樹皮アート ? | トップページ | 睡蓮 »

July 2019
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

森と林業と田舎