September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

森と林業と田舎の本

« Yahoo!ニュース「宮崎の山は無法地帯か……」書いた裏事情 | トップページ | 台湾へ行きます »

2019/06/25

岩手県住田町の仮設住宅

岩手県住田町が、東日本大震災で被災者向けに建設した木造仮設住宅は、今年度末で提供が終わるそうだ。そこで役場庁舎のエントランスに1棟を移設して展示しているという。

思えば、私が東日本大震災の現場に足を運び岩手~宮城~福島と回った際のスタート地点が住田町。まずは、この仮設住宅を見学したのだった。ちょうど建設の真っ盛りだった。

 

2_201906251657016_20190625165701 1_20190625165701

この仮設住宅は、もともと町で地元木材を使った仮設住宅を国に提案しようと以前から準備を進めていたもの。ある意味、非常にタイミングがよかったわけだ。そこで町独自の判断で建設を進めたのである。当時は仮設住宅にも国の基準があって、木造は当てはまらないから補助金が出ないという問題があり、そこでモアツリーズが全国から寄付金を集める運動を行っていた。たしか3億円必要で、そのうち2億円ぐらいを寄付で賄ったのではなかったか。私も些少ながら寄付した思い出がある。

庁舎に展示している仮設住宅は木造平屋で約30平方メートル、間取りは2DK。震災直後の町や町民の対応、仮設住宅建設の経緯をパネルや映像で説明しているそうだ。

当時、見学に行ったメンバーの一人は「ここに住みたい!」と叫んで顰蹙?をかった(笑)。たしかに木がいっぱいの室内とペレットストーブまで付いていたのでオシャレだった。しかも独立した一戸建て。長屋形式の仮設住宅は、隣の声が聞こえてプライバシーがないことが問題になっていたから、非常にレベルの高い仮設住宅だった。実際、この仮設から転居した住民の中には、これを移設したいという要望もあって払い下げたと聞く。なお1戸当たりの建設費は約450万円で、国の基準の上限561万円より安く付いている。この点でも優秀である。

大災害に際して、こうした事業をいち早く取り組んだ住田町には、林業の町としての矜持を感じられた。林業だからできること、を考えたのではなかったか。……今や私は、どこぞで「林業の町」と聞くと、すぐに脳裏には大面積の皆伐風景が浮かび、ああ矜持のかけらもなく森林破壊している地域ね、思ってしまいがち(とくに宮崎県ね)なのだが。

展示は8月7日までとか。機会があったら、行ってみたいけどなあ。

 

« Yahoo!ニュース「宮崎の山は無法地帯か……」書いた裏事情 | トップページ | 台湾へ行きます »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Yahoo!ニュース「宮崎の山は無法地帯か……」書いた裏事情 | トップページ | 台湾へ行きます »

無料ブログはココログ

森と林業と田舎