September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

森と林業と田舎の本

« 国有林の研究現場のポータルサイト | トップページ | Yahoo!ニュース「もう一つの林業 雑木林を…」を書いた裏事情 »

2019/07/18

『絶望の林業』ネット予約の始まり!

とうとうネットでの予約が始まった。

何がって、出版予定の拙著絶望の林業である。今回は、珍しくシンプルなタイトル。サブも付かない。私の本には珍しい(^^;)。

新泉社

Amazon

楽天ブックス

honto

近刊情報リサーチ

 

まだあると思う。で、本表紙のカバーデザイン。ミステリーぽくて、なかなかオドロオドロしい(^^;)。中身はもっとオドロオドロしいと思う。小説と間違えて買う人が出てくれないか。。。

71olab9zzl

価格は、当初の予定から少し安くなった。2200円プラス税(現在、2376円)。消費税が10%になっても2500円を超えないようにという配慮からだ。その分、私の印税は減る(-_-;)んだけど……もともと部数も少ないし、早めに手にしていただかないと書店からは消えるだろう。

これまでの私の森林の本、林業の本は、マニアックな分野とはいえ、できる限り一般人というか素人にも理解してもらおうとかみ砕いて書いてきた。が、今回はもろディープな内容である。林業界に興味がなければ読むのは大変かも。

ま、こうした本書いたら林業界の仕事は減るというか来なくなるわな、と覚悟の出版。でも、今の林業界はむかつくことばかりなので、これで林業に関する出版は打ち止めにしてもよいかと思っている。

ちなみに今朝、念校に少し加筆した。ここまで出版直前まで手を入れるのは初めてである。

« 国有林の研究現場のポータルサイト | トップページ | Yahoo!ニュース「もう一つの林業 雑木林を…」を書いた裏事情 »

取材・執筆・講演」カテゴリの記事

コメント

色々と拝見させて頂いております。
予算に目処がつきましたら、親書の購入を考えております。
さて、今働いている木材加工会社も、工員が全ての負を被る様な生産体制で苦労が絶えません。
木材の加工が悪い、乾燥が悪い、製材が悪い、原木が悪い、と不平は有りますが、最終的には出荷予定に合わせた加工仕上げと梱包の部門で帳尻を合わせた生産出荷体制に、一部が
ストレスによる人間関係の悪化で被害を受けています。
それでも経営側の役員は出荷と納品、請求が出来れば次々と無理難題を投げ掛けてきます。
客先から短納期と低価格を求められる様な営業受注しか出来ず、一月分程のバックオーダーを抱えながら、催促された仕事が優先されます。
場所等を特定されると困るので詳しくは言えませんが、バイオマス発電用のチップのする様な手入れの行き届いていない立木を購入し、補修して付加価値の高い製品に作り変えて行く作業は良いのですが、人を育てる様な余裕の無い経営体質にウンザリしています。
それでも生活しなければ成らないので働きますが、小口の遠方への自家輸送は運賃がタダとも聞いています。
選挙看板用の木材も間伐材を利用とテレビのニュースで伝えられていますが、実際は立木や在庫材等の出所がハッキリしない木材と聞いています。
産地証明も偽装出来ると聞いているので、そのうち外国から日本の苗木から育てた木材を国産として売れるかもしれません。
という事は、国内でも米の用に〇〇県産△△檜とかを□□県産の証明書付きで偽装出来ると考えられます。
とある所からは良い原木は殆ど県外から持ち込まれているとの噂があり、法律や条例は抜け道が沢山有りそうです。
時折、ゲリラ的に投稿致しますが、行き過ぎた内容と思われましたらお伏せ願います。

よし!挑戦を受けよう。と、乗せられて1冊売れます(笑)

長野原で林業に従事している者です。
「絶望の林業」、タイトルに釣られ(笑)早速予約しました。とても楽しみです。
私自身もこの業界を取り巻く状況にムカつき、がっかりし、納得いかないことが多く、「こういうの何とかならんのかね!」とか「ホントにこれでいいの!?」、「それって何の意味があるの?」などと日々思っています。ま、所詮サラリーマンですので声を大にしてはなかなか言えない弱くてダメな自分がいるのが正直なところです。でも、現場での仕事自体は自分に向いていると思っていますので「絶望」までは今のところしていませんが。
田中先生、これを最後に林業関係の出版打ち止めにしてもなんてありますが、もし仮にそうなったとしてもブログの方でこれまで以上に林業の事、率直且つ辛口な意見、裏のコト、書きまくって下さい。 自分にとっては真実を知るための貴重な情報元ですし、叱咤激励もしていただきたいですから。←本当にそう思ってますよ!!
ブログいつも楽しみにしています。

皆さんの予約のおかげでAmazonで順調に順位を上げています(まだ現物ないのに)。

多少とも林業界に足を踏み入れた人なら、現状が馬鹿馬鹿しいことばかりなのに気づいているはずです。伐採現場も製材現場も商品も、ありえねえ~状態。それを書いただけなんです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 国有林の研究現場のポータルサイト | トップページ | Yahoo!ニュース「もう一つの林業 雑木林を…」を書いた裏事情 »

無料ブログはココログ

森と林業と田舎