September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

森と林業と田舎の本

« 『絶望の林業』を超えて…… | トップページ | 長野でお会いした人々に »

2019/08/03

善光寺余談

長野では、ほとんど次世代森林産業展会場(と夜の飲み屋)だけしか足を運んでいないのだが、さすがにそれではマズいと駆け足で寄ったのが善光寺。

そこで月並みの参拝観光をしたのだが、ちょっとだけ気づいたこと。

4_20190803223101

本堂のフローリング……と呼ぶと妙か。ともかくケヤキだろうが、この分厚さ。柱も目につくのはケヤキであった。

ただ内陣のフローリングは針葉樹かも。

7_20190803223101

この浮き上がった節が素晴らしい。幾人もこの上を歩き、節以外は磨耗したのだろうが、それが自然のデザインになっている。
ちなみに内陣の撮影は禁止だった。この写真を撮った後で気づいたよ。まあ、仏像などは撮っていませんから……。

5_20190803223101

善光寺最大の行事とかの回向柱。7年に一度立てるのだそうだが、10本並んでいて、それが順々に朽ちている。つまり7年ごとに木が朽ちていく様子を目にできる回向、じゃない趣向。本当に最初からここに立てたのか、後から移動させたのかはわからないが、木質の腐朽性実験地になっていて面白いと思ったのであった。

4_20190803223102

70年前の回向柱?

« 『絶望の林業』を超えて…… | トップページ | 長野でお会いした人々に »

森林学・モノローグ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『絶望の林業』を超えて…… | トップページ | 長野でお会いした人々に »

無料ブログはココログ

森と林業と田舎