無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« 「週刊東洋経済」に『絶望の林業』書評 | トップページ | 「スタジアムに森」はアート? »

2019/09/11

また盗伐が不起訴

このところ、『絶望の林業』がらみの話題を続けたが、またもや盗伐案件に……いや、フツーの森林や林業の話題も取り上げたいのだけどね。

なかなか被害届を受理しないし、受理しても不起訴にしてしまう状況の中で、検察審査会でようやく「不起訴不当」の決定がされて検察に差し戻された件。なんと、再び不起訴の決定がされたというのだ。

Photo_20190911214201

実は、この件は、Wedgeの記事「横行する盗伐、崩れる山林 林業県・宮崎の闇でも取り上げた。盗伐されたのに、その被害届を警察が受理しないので70回も通ったというのだが、ようやく受理されたのに、すく不起訴。そこで検察審査会にかけて、ようやく今年4月に「不起訴不当」を勝ち取ったというもの。これで裁判か……と思われたのに、なんと検察はもう一度不起訴にしてしまった。

こうなると、打つ手なしである。不起訴の理由説明もない。最初は電話一本で終わらせようとしたそうだが、粘って文書で告知させたという。地検が不起訴の決定を文書でなく、電話で伝えるだけのつもりというのも、法治国家的にどうよ? と思う。いかに記録に残したくないか、表沙汰にしたくないのか。

宮崎県の林業界というよりは、司法も巻き込んだ闇は深いのお。。。折から、台風など大雨が続くが、盗伐跡地はどうなるだろうか。

 

追伸・農林水産大臣に、江藤拓議員が選ばれた。宮崎2区選出。(親が)盗伐の親玉じゃねえのか、という噂も飛び交う男である。

« 「週刊東洋経済」に『絶望の林業』書評 | トップページ | 「スタジアムに森」はアート? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「週刊東洋経済」に『絶望の林業』書評 | トップページ | 「スタジアムに森」はアート? »

October 2019
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

森と林業と田舎