無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« 林野庁HP「森林の多面的機能に関するQ &A」 | トップページ | NHK「木を伐る民」は何本大木を伐ったか? »

2019/11/16

コンフォルト」171号は国産広葉樹の特集

本日届いたのはインテリア雑誌、隔月刊「CONFORT」171号

特集は、表紙に「インテリアには木を使いたい」とあるが、その中でも注目は「ほんとうは、もっと使える国産広葉樹」である。

Photo_20191116231801

なかなか私好み。というか、私が『絶望の林業』も含めて幾度か唱えてきた「木を使うなら見た目」であり、広葉樹材こそ利益率が高く、本当の「儲かる林業」であることを示す事例が多く掲載されている。(目次は、リンク先へ。)

面白いのは、これまでなら使えないような穴あき材や虫食い、黒芯、そして里山の雑木などの材を、どうどうと「これがよい材」として紹介していることだ。

折しも今日は、某林業家から電話があって、先日伐ったトチの木の大木(長さ8メートル)が立米75万円で売れたよ、という報告をいただいたばかり(笑)。1本500万円超である。

何もこんな銘木ばかりを扱えというわけではないが、明らかに量の林業とは違う世界が広がっている。

 

« 林野庁HP「森林の多面的機能に関するQ &A」 | トップページ | NHK「木を伐る民」は何本大木を伐ったか? »

書評・番組評・反響」カテゴリの記事

コメント

「某林業家から電話があって、先日伐ったトチの木の大木(長さ8メートル)が立米75万円で売れたよ、という報告をいただいたばかり(笑)。1本500万円超である。」
特殊事例なのでしょうが、何に使うとこのような金額でも購入できるのでしょうか?

すごい名前?ですねえ(^^;)。
トチの大木なら、これぐらいの価格は普通ではないでしょうか。ほかにも広葉樹の銘木なら、昨今は高騰気味ですから。
購入者は匿名ですから用途はわかりませんが、この大木から家具をつくるとして、何枚の天板を採れるか……と計算すれば十分に元手は回収できるのでしょうね。

すぐにコメントいただいてありがとうございます。
いや、イベントでの話とはだいぶ変わって「希望の林業」的な話ですね。
ちょっと、最新のところへ続く・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 林野庁HP「森林の多面的機能に関するQ &A」 | トップページ | NHK「木を伐る民」は何本大木を伐ったか? »

December 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

森と林業と田舎