無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« 女性に頼まれたら……「中島彩、テレビ出演」の件。 | トップページ | 林野庁HP「森林の多面的機能に関するQ &A」 »

2019/11/14

『絶望の林業』5刷へ

情報は自分から取りにいくものだが、有り難いことに最近は私の元にさまざまな情報がもたらされる。

林野庁の雑誌「RINYA」に、「釜石鵜住居復興スタジアム」が紹介されていますよ、という連絡も来た。

私は、Yahoo!ニュースに釜石スタジアムの木製座席は「第2の釜石の奇跡」だった

を書いたが、肝心のウノスタを見たことがないことを心配して(笑)教えてくれたのかもしれない。たしかに、どんな木造スタジアムか知らないのだが、これで全景がわかった。

そして、こんなサイトを教えてくれた人もいる。

日本最大の図書館検索カーリルである。ここで『絶望の林業』を検索したら、貸出中が多いですよ、という案内。

これ、なかなか面白い。貸出中かどうか以上に、どこの図書館が『絶望の林業』を置いてくれたかわかる。東京は81の図書館だ。ちなみに奈良県では9館。(ちょっとしょぼくねえ?)そのうち生駒市と川上村が含まれる(^o^)。

全国の図書館数は約3300。これらが1冊ずつ購入してくれるだけで、3000冊は売れることになる。林業の本というマニアックさを考えると、結構な影響力があるはず。

また初刷と4刷の背表紙を見てほしい。

20191114_214150

微妙に違うのがわかるだろうか。左が初刷、右が4刷である。

帯の文字が4刷の方がわずかに太い。なぜ変えたのかというと、書店で背表紙が棚に差してあっても、背表紙が目立たないという意見が寄せられたからである。だから、帯の色を赤くするか? と思ったのだが、デザイナーがさすがにイヤというので文字を太くしたとか。寄せられた意見が反映されることもあるのだ。

なお16日の西日本新聞に書評が載るという情報もある。まだしばらく広がっていくと信じたい。

というわけで、本日、『絶望の林業』5刷が決定しました! ありがとうございます。

Photo_20191114165301

久しぶりに書影を張っておこう。

« 女性に頼まれたら……「中島彩、テレビ出演」の件。 | トップページ | 林野庁HP「森林の多面的機能に関するQ &A」 »

書評・番組評・反響」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 女性に頼まれたら……「中島彩、テレビ出演」の件。 | トップページ | 林野庁HP「森林の多面的機能に関するQ &A」 »

December 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

森と林業と田舎