無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« 「紋様割箸」は使い捨てられるか? | トップページ | 新たな土倉家文書発見? »

2020/01/11

マンガで語る民法改正……と森のしくみ

たまたま手にしたマンガ冊子「桃太郎と学ぶ民法(債権法)改正のルール」。

鬼退治から返ってきた桃太郎を襲う法律トラブル!さあ、新しい民法はいかなる判断をするか。桃太郎危機一髪!? 鬼ケ島の宝を持ち帰った行為は不法行為なのか?通販の約款に書かれてあった小さな文字の妥当性は?? 保証人になると、どんな債権も負わされるのか???

なんて内容。ようするに、マンガで法律を学ぶものなんだが、実は今春の民法改正は100年に一回と言われるほど大きな変革が行われる。それを伝えるものだ。とくに約款や賃貸借、消滅時効、そして保証人の保護に関する改正は、民法始まって以来の大改革!!……かどうかは知らないけれど、注目に値するものだ。

Img001_20200111215401  Img002_20200111215301

なかなか、萌える(笑)。桃太郎の鬼退治後日談という設定もウケル。ネットでも話題になっているようだ。読みたければ冊子がなくても、法務省のホームページに行くとダウンロードができる。

 

それで思い出した。林野庁でもマンガは花盛りなのだ。「林政始まって以来の大転換」といううたい文句も似ているが……。

「マンガで知ろう森林(森の働き)森林づくり」なんてページもある。

ちょいと拝借すると、こんな感じ。

2_20200111224001 Photo_20200111224001

マンガで解説……なんてのは、今更のようでもあるが、お役所仕事的には新しいのか?

内容も、ん?森林土壌が水を溜める???とかツッコミたいところもあるのだが、それは水文学者に任せよう。

しかし、「おじいちゃんが小さい頃は森なんてほとんどなくて丸裸でさ」というセリフがあるのだが、現在10歳くらいの子供のおじいちゃんというのは何歳ぐらいだろう? そのおじいちゃんが子供の頃とは何年前だろう。大目に見ても70歳ぐらいで60年前ぐらい?
つまり1960年代か。その頃なら、もうかなりの山は植林と放置(薪炭の採取中止)で、緑がもどってきた時代だと思うのだが。そりゃ地域差もあるだろうが。いや80歳代なのかもしれないなあ。

ともあれ、マンガの流行る霞が関界隈なのであった。

 

 

 

« 「紋様割箸」は使い捨てられるか? | トップページ | 新たな土倉家文書発見? »

政策・行政関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「紋様割箸」は使い捨てられるか? | トップページ | 新たな土倉家文書発見? »

February 2020
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

森と林業と田舎