無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« じりじりと(笑)農水省三省堂書店 | トップページ | 新たな土倉庄三郎の写真 »

2020/01/25

下落する木材輸出額から見えてくるもの

日本経済新聞によると、丸太輸出価格が3年2カ月ぶり安値だそうだ。

その理由は、米中貿易摩擦のによる中国の景気減速で工業製品の梱包材向けの木材(つまりスギ材など)の需要が減ったためだとしている。

この記事を読んでいて、ようやく輸出する木材の姿が浮かび上がってきた。『絶望の林業』にも書いたが、木材輸出、木材輸出が日本の林業を元気づけるみたいな言い方をしている割には、実態がわからない。白書の数字は全体の金額ベースだけで、樹種や品質、そして量の記載がない。何か隠しているな、と思わせがちなのだ。それが、日経の記事で少しわかってきた。

財務省の貿易統計によると、2019年11月の平均輸出単価は1立方メートルあたり約1万1800円。直近の高値だった5月より2500円(17%)ほど安く、16年9月以来の安値水準となった。

これを読むと、1万1800円ならまだいい方じゃないか……と思ってしまったのだが、志布志港を使う曽於地区森林組合(鹿児島県志布志市)によると、スギ・ヒノキの丸太輸出価格は19年の年末時点で1立方メートルあたり7800~8000円。好調だった19年1~5月に比べて1000~1500円安いという。

やっぱり中国輸出向けは7000円~9000円だったのだ。(圧倒的に多い中国向けがこの値段なのに、平均だと1万1800円になるからくりがわからん。引き揚げる高値の木材とはなんだ?)これはB、C材の価格だろう。山元は半分以下。輸送費を引くだけで2000~3000円ぐらいになってしまう。

12_20200125214701 志布志港の木材輸出

中国向けの丸太は細く曲がった低品質の丸太や節・枝の大きい大径木が多い。中国で丸太を加工して、家電や工業製品を運ぶ際に使う梱包材などにする。中国企業が家屋を囲うフェンス材として米国に輸出もしてきた。

これで使い道もはっきりした。完全に原材料輸出だね。それも品質問わずの安値たたき売り。ともあれ19年は丸太は前年実績を割り込みそうだという。林業の成長産業化を支えるはずだった木材輸出で、倍々に増えていると誇らしげに森林林業白書には書かれていたが、ついに中折れ。。。昨年の夏以降、輸出が伸び悩んだので、今年の白書にはなんと書くかなあ。

 

ちょっと気になるのは、同時に安い欧州材が中国に流入しているという点。なんでも18年に欧州全域で虫害が発生して、木が腐る前に伐採が進められ、さらに18年暮れには風害もあって、大量に発生した倒伏丸太が中国に輸出されたのだという。これらも安値が売り物だろう。ドイツやチェコが多いらしい。
今年以降も欧州材は中国への輸出に力を入れそうだから(20年の欧州産の対中輸出量は19年の1.5倍との見方)、いよいよ日本材が割り込む隙間は狭くなりそうだ。

やはり丸太を売っているだけなら価格競争に巻き込まれて、さらに安い木材が現れたら、あっさり乗り換えられるわけである。

 

« じりじりと(笑)農水省三省堂書店 | トップページ | 新たな土倉庄三郎の写真 »

林業・林産業」カテゴリの記事

コメント

丸太の輸出額は財務省の通関統計に開示されたものですのでFOB価格です。つまり日本から中国に輸出されるものならば港着の木代金に土場、燻蒸、船への積み込み費用を足した額となります。

それに輸出者の利益も当然そこに含まれます。記事のとおり丸太価格は現在では8cmから引き取り可で港着8,000円/m3前後ですね。

そうか!通関はFOBになるんですね。
私も最初は中国に引き渡した価格かと思ったんですが、後の森林組合の輸出価格を見て混乱しました。この記事、ちょっと不親切。

それに志布志港価格が8000円前後だとすると、土場はいくらか、立木価格は……と考えて暗然としてしまいます。

港着8,000円/m3は安いと感じますが、腐れさえなければ大曲、大節も末口8cmから大丈夫なのでバイオより手取りは多くなります。他業界から素材生産を始めた業者にとっては、比較的成長の悪い山を安く手当てして丁寧に選別する必要なく手取り早く稼げます。宮崎、鹿児島だけで50万m3がこれに流れてますね。

輸出用も選別があまり必要ありませんか。そしてバイオマスより手取りが多くなる……。こうしたからくり?が存在するわけですね。
まあ、燃やしてしまうより中国でもどこでも木材として使ってくれる方が好ましいですが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« じりじりと(笑)農水省三省堂書店 | トップページ | 新たな土倉庄三郎の写真 »

April 2020
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

森と林業と田舎