無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« マンガで語る民法改正……と森のしくみ | トップページ | 静岡新聞に『絶望の林業』 »

2020/01/12

新たな土倉家文書発見?

土倉家文書。奈良県川上村の山林王と言われた土倉家にある文書のことだが、それを所蔵していた土倉邸は伊勢湾台風で流れされた。その解体の際に見つかったのが、隠し部屋の長持ちに残されたもの。それは紆余曲折を経て、天理図書館に納められた。

というわけで、現在は、大半の土倉家文書を見たければ天理図書館に行かねばならなCい。しかし、原本の閲覧を申し込むと約2週間もかかるのだ……。

だが、ひょんなことから某所にある土倉家の書類を目にした。書き手の多くは土倉庄右衛門と、土倉庄三郎。内容は十分に読めないが、山林売買に関わる書類のようだ。古いものは享保年間のものだ。

Dsc03781

これ、ちゃんと読める人はいないか。ほかにも「吉野の伐木方法」や「造林方法」を記した巻物もあった。こちらの執筆者は誰かわからないのだが、土倉家の可能性も残る。そして、なぜこれらが、流出したのかは不明。

これらを調査したいのだが、まず古文書を読める人がいないとどうにもならない。誰か、我と思わんものは名乗りを上げてくれ。

« マンガで語る民法改正……と森のしくみ | トップページ | 静岡新聞に『絶望の林業』 »

土倉家の人々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マンガで語る民法改正……と森のしくみ | トップページ | 静岡新聞に『絶望の林業』 »

July 2020
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

森と林業と田舎