無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« 新しい「絶望の林業」ポップ | トップページ | 蔦屋家電から考えたこと »

2020/01/28

台湾林業の夜明け……

昨夜に続いて、今夜も広島なのだが、こちらの内容は置いておいて、再び龍次郎の残した写真より。

1_20200126223301

これは台湾らしい。そしてこれは苗床だろう。植えてあるのはスギか。

龍次郎は、1895年末に台湾に渡って、1899年に1万町歩の山林を300年間租借して、そこで林業を始める。具体的には、天然林を伐採して、それらの木(とくに楠から樟脳を採取して)を販売するとともに、跡地に植林を行った。これが台湾にとって初めての育成林業となる。つまり台湾の近代林業のスタートだ。

龍次郎は、15ヘクタールもの苗畑をつくって植える苗を育てたという。吉野のスギ、ヒノキのほかにも多くの樹種を試験したと伝えられている。その現場を示す写真となるに違いない。……写っている人物は誰かわからないが、日本人だろうか。それにしても大苗だな。こんなに大きくしてから植えるのか? 台湾ならではの実験かもしれない。

 

せっかくだから、こんな写真も。

Photo_20200126224101

「北蕃人之骨棚」と書いてあるのかな。そう、ドクラじゃなく、ドクロが並んでいる。北蕃人とは、先住民のアタイヤル族だろうか。当時は、まさに首狩りがまだ行われていたし、それらの首を誇る、アニミズム的な習慣があったのだろう。
「龍次郎は蕃人の尊敬を集めていた」という記述もあるが、ときおり土倉事務所も襲われたらしい。そして何人も首を狩られた。首がなくて遺体の名前がわからなくて困った、という記録もある。

そんな世界で、林業は始まったのだ。

« 新しい「絶望の林業」ポップ | トップページ | 蔦屋家電から考えたこと »

土倉家の人々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新しい「絶望の林業」ポップ | トップページ | 蔦屋家電から考えたこと »

April 2020
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

森と林業と田舎