無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« 「ワールド・ウッド・デイ」の開催中止の裏事情? | トップページ | 街の緑に土はいらない? »

2020/02/18

週刊朝日の「最後の読書」

東京でトークショーを開いた「平井の本棚」とは、古書と新刊書の両方を扱う小さな書店である。そこに招かれたわけだが、舞台が書店だけに話していると出版業界や書店業の話題になる。しかも『絶望の林業』の版元の編集者も来ている(というか司会)。

そのためか終了後の打ち上げでは、読書論になりがちだったのだが、そこで「つまんない本も読まないとよい本に当たらない」という意見が出た。そう、ある意味、読書は数打たなきゃ当たらない。しかし……。

昨日発行された「週刊朝日」(2・28号)の「週刊図書館」の中の『最後の読書」コーナーに記事を書いた。人生最後に読む本についてのエッセイを頼まれたのだ。そこで私は出だしを以下のように書いた。

Fut1o3amoy1lrfh1582035137_1582035215

最後の読書なのに外したくない、という思い(笑)。では、何を選んだのか、というのはこの週刊誌を読んでいただきたいが、過去に読んだ本から選ぶとすると、やはり感動した、影響を受けた本になる。私の場合は、なぜか空飛ぶ本であった。それが、いかにしてジャングルに行き着くか。なんだか自らの人生を振り返る気分。そういや、トークショーでも、自己紹介代わりに見せたパワポでは、探検部から始まって、私の行動履歴と執筆遍歴を紹介してしまった。ちょうど会場には大学の同輩・後輩も来ていたのである。

改めて振り返ると、自分の読みたい本が、書きたい本である。そう考えると、『絶望の林業』は……(以下、自粛)。

それに私自身もだんだん読む力が衰えているから、読みにくい本は敬遠しがちだ。最後の読書に行き着く前に、もう一度読書力を鍛え直したいと思う。

 

 

« 「ワールド・ウッド・デイ」の開催中止の裏事情? | トップページ | 街の緑に土はいらない? »

取材・執筆・講演」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「ワールド・ウッド・デイ」の開催中止の裏事情? | トップページ | 街の緑に土はいらない? »

December 2020
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

森と林業と田舎