無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« 「着るロボット」によるウォーキングツアー募集 | トップページ | 『絶望の林業』改訂に寄せて »

2020/02/08

湿原の獣害被害額 in生駒山

ほとんど定点観測的に通っている生駒山の湿原。

先日訪れると、こんな有様だった。

Dsc04074 

白いのは、ここに生えてくるべき植物の標識。

Dsc04076

ミズバショウが見所(3~4月。尾瀬のような高原は初夏なのだろうが、こちらは早春である)のはずが、イノシシがいたるところを掘り返している。おそらく地下茎を狙ったのだろう。冬の餌になるはずだ。もともと冬は地下水位が落ちるらしく、湿原もかなり乾燥している。イノシシにとっては入りやすい。

イノシシ害が拡大している。昨年の春には、こんな具合にミズバショウが咲いていたのだが……。

2_20200208215801

ただいま、獣害について調べ直しているが、まずは足元の生駒山から。イノシシのほかにサルも出た。ほかアライグマもいる。
結構な被害量なんだが、多分、国の統計の獣害被害額には入っていないだろう。なぜなら、統計では被害学を算定できるのは農作物などだから。しかも申告しないといけないし、保険適用なども条件だから。

森林被害、ましてや湿原のミズバショウ被害は被害額には算定されないのだ。

 

 

« 「着るロボット」によるウォーキングツアー募集 | トップページ | 『絶望の林業』改訂に寄せて »

生駒山中」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「着るロボット」によるウォーキングツアー募集 | トップページ | 『絶望の林業』改訂に寄せて »

February 2020
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

森と林業と田舎