無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« 「油ヤシ記事」から考える林業の犯した愚 | トップページ | 奈良護国神社の境内林 »

2020/03/25

ツバキ林を外と内から見る

よくよく見れば(歩けば)生駒山は、ツバキ林が多いようだ。アチコチでツバキ(と思う)が群生している。わざわざ人が植えたようには見えないのだが……。

In-3_20200325164701

こんなにも咲き誇っているところを発見した。赤が美しい。サクラの前のツバキの最後の華やぎ。

その中に入ってみる。なかなか優雅な気分。

In-5

花も赤だけでなく、白もあった。

In-7 In-8

ツバキは、花がぽとりと落ちるから侍に嫌われたという。首が切り落とされるイメージなんだろう。しかし明治になって、サクラはパッと散ることを喜ぶ世相となった。

それでも、人気があるのはなぜか。

ただ……奥に入ると、こんな具合になるよ。

In-1_20200325164701

ツバキの骨の森、みたいな風情。葉も花も内側にはない。緑の部分はアオキである。ツバキは裸状態。これはツバキという樹の特性か、それとも密生して枝葉が落ちたのか。ちと不気味。

 

なおモクレンの林もあった。これは……人が植えたみたいだなあ。黄色の花はヤマブキ? ちょっと花は早い気がするが……。 (調べてみると、この季節に咲く黄色の花にダンゴウバイがあった。こちらか?)

In-2

« 「油ヤシ記事」から考える林業の犯した愚 | トップページ | 奈良護国神社の境内林 »

生駒山中」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「油ヤシ記事」から考える林業の犯した愚 | トップページ | 奈良護国神社の境内林 »

May 2020
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

森と林業と田舎