無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« 生駒山中に幻?の滝施設を発見 | トップページ | フリーランスの森林生態系的経営 »

2020/03/08

チェンソーアートの原点?

昨日とは違う山だが……。

ハイキング道に、こんなものを見つけた。

Dsc04105 Dsc04104 Dsc04102

何やら私設休憩所みたいなものを設けているし、ハイキングで通り掛かる人向きのサービスなんだろう。

そして切株にチェンソーで刻んだようだ。木が細いこともあるが、技術的には稚拙なものの味がある。これもチェンソーアート、その中でも切株に刻むスタンプカービングだろう。

最近のチェンソーアートは進化しすぎて、芸術家の彫刻と変わらないレベルに達した作品も増えている。もはやチェンソーは彫刻刀に代わる道具であって、チェンソーアートはチェンソーで削ったことを主張する作品ではないのだ。何をつくるかが問われる。

もちろん、それはそれで素晴らしいのだが、こんな作品?を見ると、ほっこりする(笑)。自己流で、試行錯誤しながら楽しんだ様子が伝わるから。

« 生駒山中に幻?の滝施設を発見 | トップページ | フリーランスの森林生態系的経営 »

木製品・木造建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 生駒山中に幻?の滝施設を発見 | トップページ | フリーランスの森林生態系的経営 »

July 2020
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

森と林業と田舎