無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« 生駒市にバイオマス発電所建設計画! | トップページ | もはや春の風物詩…… »

2020/03/13

『英雄たちの選択』に金原明善が登場

3・11のBSプレミアムの『英雄たちの選択』では、治水三傑を紹介していた。そこで武田信玄らと並んで紹介されたのが、明治の金原明善。天竜川を鎮めた男である。

Dsc04135 Dsc04137

もともと金原家は豪農であり酒造や質屋を営むが、天竜川の氾濫に苦しめられ、明善は資財を投げ打って治水に取り組む。後に堤防建設は国の直轄事業となったので、今度は治山へと向かっ。そして荒れた天竜の山々を植林するのである。これが現在の天竜林業の基礎である。

ま、ここで私としては土倉庄三郎が登場してほしいのだが(^^;)、残念ながら番組ではパス。植林の苦労については触れなかった。実際は、土倉家に番頭を送り込んで植林技術を学んだり、いろいろ試行錯誤しているのだが。

ただ、明善の経営力については触れていた。

Dsc04148 Dsc04150

彼は、林業だけに特化せず、木を伐りだした跡の運輸会社や製材所、そして銀行まで設立しているのである。その点が土倉庄三郎と違うところだ。吉野には製材や商品化を担う部門が周辺の地域にあり、自ら手を出す必要がなかったし、出すべきではないとかんがえていたフシがある。実際は銀行設立や鉄道会社設立などに資金を出しているのだが、あくまで支援であり、自ら経営するつもりはなかったようだ。

が、結局はそれが分かれ目となった。息子たちはさまざまな事業に手を出しては失敗するのである。

庄三郎と明善が直接どのようなつきあいをしていたか記録はないのだが、出自も天下国家の考え方も似ている。

025 046

明善の生家に残されている銘ぜんの住所録には、土倉庄三郎の名があった。

 

 

« 生駒市にバイオマス発電所建設計画! | トップページ | もはや春の風物詩…… »

土倉家の人々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 生駒市にバイオマス発電所建設計画! | トップページ | もはや春の風物詩…… »

August 2020
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

森と林業と田舎