無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« Yahoo!ニュース「侵略的外来種から新型コロナウイルスを……」を書いて気づいた裏事情 | トップページ | 生駒市にバイオマス発電所建設計画! »

2020/03/11

生駒山にメガソーラー計画

生駒山を大きく切り開いてメガソーラーを設置する計画があると知って、現地を見てきた。

と言っても、正確にここの山林というほど詳しくないが、だいたいこの辺り、ぐらいのである。

2_20200311165101

ここは生駒市南隣の平群町。肝心の山林は山腹というより、尾根に近く、かなり標高は高い土地だ。傾斜は急とは言えないが、細かな谷が多く入り起伏は細かく激しい。この山の斜面、約48ヘクタールの土地を削って、メガソーラーを設置するという。どんな造成の仕方かわからないが、木々を全部伐り払い平坦にならすのは間違いない。このところの気象変動を考えると、防災上かなりの疑念がある。

私は、ソーラー発電を比較的認めている。とりあえず原発よりはマシだし、そのためには電力供給を増やさないといけない。しかも一度つくれば燃料の購入がいらないうえ、メンテナンスも少なく、ランニングコストは安い。20年後のFITの期限が切れて買取価格が急減したとしても、コストが低ければ維持できる。仮に放棄しても、基本的にはソーラーパネルを撤去するだけなら、低コストで行える。巨大プラントの廃墟化よりよいだろう。少なくてもバイオマス発電よりはマシだと思っている。

ただ、メガソーラーは広大な森林破壊を引き起こす。本来、建物の屋上や遊休用地、耕作放棄地で行う想定だったのに、農地は法律上難しいので、簡単な山林を切り開く例が増えている。まったく不本意だ。規模も小さく、1ヘクタール以下で行うべきだろう。

地元に反対の声も高まっているようだが、本気で取り組めるかどうか。古くからの農家にニュータウンが混じった複雑な地域だ。

ちなみに傾斜地の造成には、排水法とか地滑り防止法とかいろいろ適用される。ほかにも自然公園法や鳥獣保護区や保安林指定とか、農地法、都市計画法とか、さまざまな省庁が勝手な法律をいっぱいつくっているからねえ。国交省、環境省、農水省、林野庁、その他いろいろ。
抵抗手段としては、立木法を利用して立木トラストを仕掛けるとか、3月末に成立予定の新森林条例も使えるかもしれない。

 

それにしても生駒山には、大阪側が木質バイオマス発電所を建ててしまったが、ここにメガソーラーとは。いっそ尾根沿いに風車を並べて風力発電もしたら、「再生可能エネルギー」の立地オンパレードになるかなあ。

追記・奈良県より情報提供があり、メガソーラー計画地48ヘクタールのうち15へクタールは残置森林だそうである。ソーラーパネルが設置されるのは16ヘクタール。残りは造成後に緑化したり調整池を設ける土地になる。そして、すでに開発許可が下りているとのことだ。

« Yahoo!ニュース「侵略的外来種から新型コロナウイルスを……」を書いて気づいた裏事情 | トップページ | 生駒市にバイオマス発電所建設計画! »

生駒山中」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Yahoo!ニュース「侵略的外来種から新型コロナウイルスを……」を書いて気づいた裏事情 | トップページ | 生駒市にバイオマス発電所建設計画! »

May 2020
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

森と林業と田舎